夜間断乳

こんにちは。

 

朝早くテレビをつけていると、

たまに『世界の天気』と出会いまして、

ロンドンは雨か―、北京は・・・と楽しんでいます。

 

中でもいとこが頑張っているニューヨークは真っ先にチェックしちゃいます(^^)

元気かな、次会えるのはいつかな。

いろいろな思いを巡らせて。

 

日本は本当に広くて、私の目標は47都道府県を訪れてみることなのですが、それも叶うかどうかと思っていますが、いとこを思いアメリカの地図を見ると圧倒的な広さにびっくりさせられます。

いつか、アメリカにも行ってみたい。

どんな国なのかな。どんな暮らしがあるのかな。

 

夜、展望台に上って地上の小さな灯りを見ていると、

あの灯り一つ一つに暮らしがあって、

いまお夕飯を食べていたり

仕事をしていたり

泣いたり笑ったりしているんだろうな、と思います。

 

宇宙から見る地球も

小さな灯りがあって、そこには暮らしがあるのだと感じていました。

 

 

今日の未明、

私の家でも灯りがともっていて、

息子が夜起きちゃいましておむつ交換して寝かしつけていました。

 

もう9か月になりましたし、

歯も生えてきたので夜間断乳することにしました。

 

本当は離乳食が3食になってからでよいかな、とも思っていましたが、離乳食後の歯みがきで息子の歯を見たとき、卵の黄身が歯と歯茎の間に入っていました。

それはちゃんと歯ブラシや濡らしたガーゼで拭き取ればいいのですが、もう立派に歯が生えてきたし虫歯のリスクを考えてもいいなと思ったのです。

 

わが家は混合栄養で育てていまして、

粉ミルクをしっかりと使っています。

 

母乳に比べ、粉ミルクは虫歯のリスクが高まると教わりました。

夜、もし起きたなら、背中トントンで乗り切ろう。頑張ろう、私。

 

そう思っていたら、今日の未明

うまく寝返り後のポジションをとることができず、息子が起きました。

 

泣き叫んでミルクをせがみます。

息子が起きると泣き声はご近所に漏れ聞こえることになるのですが、

ご近所さんごめんなさい、許してください

と心の中で何度も思いながら、ミルクを与えずに何とか寝かしつけました。

 

具体的には

哺乳瓶に麦茶を入れて飲ませました。しかしミルクではないと分かると飲むのをやめて泣き叫びました。

ひたすら背中やおなかをポンポンしていたのですが、ポンポンを嫌がって手で払いのけ泣き叫んでいました。

私の膝に顔をつけて泣いている息子を見ると、なぜだか私も泣きたくなって、そんなつもりなかったのですが泣いちゃいました。

泣き始めて30分くらいしたときに、もう一度抱き上げて哺乳瓶をくわえさせたら「ミルクじゃない!」と訴えながらも少し飲みました(50ml)。

気分落ち着いたかな・・・と思ったら全く落ち着いてなんかおらず、ワンワン泣いて、突然電池切れで泣きやみました。

でも残量がちょっとあったか、また泣いて(笑)

これを4,5回ほど繰り返してやっと寝ました。

 

時間にすると40分間の格闘でした。(もっとかかると思っていましたが今日は40分)

 

 

夜間断乳って、いまから必要なのかな。

私の決意なんてそんなもんで、息子の歯を守る!と意気込みながらも息子が泣く姿を見ると揺らぐ心です。

 

ただ、せっかく今日を乗り越えた息子の頑張りを無駄にしないために、そして息子の泣き声に迷惑を掛けているご近所さんにも申し訳ないので、ここは頑張ってトレーニングしたいと思います。

 

息子は朝まで眠ることが多く、毎晩起きているわけではないのですが

でもポジショニングがうまくいかず、毎晩ちょっと泣いて訴えて私が姿勢を整えているのは事実で、起きちゃう要素はあるのであります。

 

夜間断乳、うまく行きますように。

 

ちなみに・・・私のおっぱいはほぼ出ていないので吸ってもらわないことで痛むことはありません。複雑ですが・・・よかった(-.-)

Fotor_149876724490145

 

よろしければこちらもご覧ください

おやつの断乳(2017年9月15日)

寝る前ミルクの断乳(2017年9月18日)

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

7ヵ月の振り返り

こんにちは。

 

早いもので、今日で息子は9カ月を迎えました。

成長するにつれてお昼寝の回数は少なくなり、時間も短くなっています。

そうなると、家事をすることが難しいです。

 

床の拭き掃除、お手洗い、排水溝の周りなどなど、息子のそばを離れてやりたいことはたくさんありますが、お昼寝短し、起きている間は伝い歩きして目が離せません。

 

あと数年したら、上手に心配なく目を離せるときが来るのだから、いまは今を楽しまなくてはなりませんね。

 

8ヵ月を振り返りたいのですが、7ヵ月の振り返りを忘れました。

記録のために残します。

 

7ヵ月末のスペックです。

・身長 67cm以上

・体重 7950gぐらい

・頭位 不明

・洋服サイズ 80

・靴下サイズ 10~13cm

・離乳食 一回食で18時に食べさせていました。調子がいいと一回食分を完食。7ヵ月後半から二回食にしました。10時を目安に食べさせていましたが、量は少なめ。全く食べないこともありました。

・感情で泣くことが増えました。(抱っこされたい、もっと遊びたい、お腹すいた、なんとなくヤダ・・・と泣いているように感じます)

・手をついてお座りします。

・左下の前歯が生えました。

・夜泣きがあります。夜泣きをしたときはミルクを飲ませなければ寝ないことのほうが多いです。飲ませないで寝ることができるのは最後の授乳からあまり時間がたっていない時だけです。

・ずりばいが上手になりました。

・夜、ベビーベットで寝ている時に激しく寝返りを打つため、よく柵に頭をぶつけています(おまけにそれに驚いて起きて泣きます・・・とほほ)

・気づくとうつぶせ寝ですが、このくらいの月齢になると苦しければ寝返りを打つだろうからさほど心配ないと複数人から言われました。

・両親が視界から消えたり、立ち上がってどこかに行こうとすると、寂しがって泣きます。

・授乳(ミルク寄りの混合です)

母乳+ミルク(140ml) × 5回

3.5時間おき。起きた時間などの関係で5回の授乳では足りない時もあり、その場合は1回分増えます。夜泣きなどで起きた場合は、少し少な目のミルク100mlで与えました。

 

8ヵ月はもっと進歩がみられます。

7kagetsu

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

はじめての家族旅行 最終日の観光

はじめての家族旅行 準備

はじめての家族旅行 初日の観光

はじめての家族旅行 お宿  の続きです。

 

こんにちは。

今日の横浜は梅雨らしくしとしとと降る雨が。

数日前スーパーで買い物をしていましたら、お母さんと小学校低学年くらいの娘さんがおそろいの傘を持って買い物していました。会話から近くの傘屋さんで親子で持てる傘を買ったようでほほえましい光景でした。

去年の夏は水不足が深刻で、毎日ニュースで貯水率などが伝えられていたことを思い出します。災害が起こらない、程度の良い雨は必要で、この雨も誰かの恵みの雨となればいいですね。

 

 

さて、私たち家族は初めて行く家族旅行をとても楽しんでいたわけですが、二日目はいよいよ生まれ変わった日光東照宮を観光します。

syuppatsu

 

那須から日光までは高速を使って一時間半ほど。

空いていたのでもっと早く着きました。

 

息子は車の中でお昼寝タイム。

起きるとおむつ交換→授乳→ミルクとなるのですが、東照宮に授乳できる場所やおむつ交換できる場所はあるのか、着いてすぐ探しましたらありました!

この最近建った思われるキレイな建物に、授乳室(おむつ交換可)がありました!

jyunyushitsu

 

日光東照宮宝物館です。東照宮の祭事など画像が流れわかりやすく説明しています。有料エリアもあるようです。一階には上島珈琲が入り、お茶休憩されている方も多くいらっしゃいました。

授乳室にはお湯はありませんでしたが、水場も用意されていて助かります。

我々は授乳をここで済ませます☆

 

 

息子が満足した後はいよいよ詣でます。

私も小学生の時はお世話になりましたが、小学生がたくさんいました!!

みんな今年来ることができて幸せなんだよ!!と言いたいです。

shiawasesyougakusei

 

私共、三人とも申年ですが、

三猿の前で三猿が撮りました。(三猿映ってないし)六猿です。

修復後の鮮やかな猿でした。

rokuzaru

sanzaru

 

おサルさんたちを見た後は、いよいよ陽明門です。

白色、がはっきりと見えて、遠目でも鮮やかな色彩を感じることができます。

素晴らしい…しか言葉が出てきません。

youmeimon1

youmeimon3 youmeimon2

 

魔よけの逆柱はなぜか緩衝材が巻かれていました。まだ工事を感じさせる場所がいくつかありました。

gurimon

 

眠り猫を見て、徳川家康のお墓を目指し、長い長い坂道&階段を上ります。

nemurineco

 

私は翌日からバッチリ筋肉痛でしたが、よっこいさんは何ともなかったそうです・・・なんだ?この差は( ˘•ω•˘ )

他にも拝殿や本地堂を見学しました。二荒山神社にも行きたかったのですが、時間切れ。

息子のお夕飯やお風呂を考えると、そろそろ昼食を済ませて帰りたいところ。

名残惜しいですが、観光は終わりです。

 

ランチは日光金谷ホテルのカフェというのでしょうか?ホテル前の通りに面したカフェ店に入って済ませました。よっこいさんはおいしそうな定食を、私は金谷ホテルで有名なチーズケーキをいただきました。

nma

息子はココで定員さんにお断りしてから離乳食をいただきました。

おむつ台はありますか?と伺いましたら無いそうで、「空いているお座敷使ってください」と畳のお部屋を開けてくださり、そこで無事におむつ交換しました。感謝です。

 

帰路はグズグズさんでしたが、休憩とっておむつ交換&授乳&気分転換を図りながら帰りました。

お家まであと一歩、というところで「ミルク!!!」と大泣きしたので、大黒ふ頭で休憩です。横浜らしい景色を見ながら、息子は外でミルクを済ませました。

アンパンマンにもがぶり!本物は食べられるんだよ、本当に。

oshimai

 

息子は車内でちょっと退屈そうにしたり、眠くてぐずり、お腹すいてぐずりもしましたが、那須日光までなら何とかもった、という状況でした。

ただ、普段の生活にはない、青い空と動物たち、お家ではない場所での食事や、多くの人の笑い声や笑顔を見て刺激になっていればと思います。

親の、というか私のリフレッシュの意味が大きいかもしれませんが(^-^;

 

ただ旅に出てみて、「あぁ、行けるなー」と分かったので

夏はあの山を見せてあげたい、冬は雪を見せてあげたい、といろいろ考えてワクワクしています。

 

赤ちゃんに負担なく、赤ちゃんにやさしいお宿で過ごせれば、親子の思い出をどんどん増やすことのできるいい機会が旅である気がします。

夏の計画、考えなくちゃ(^^)

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

その日最初の授乳について

こんにちは。

 

息子は朝起きるとすぐ母乳とミルクを欲しがります。

急いでおむつを替えて、ミルクを作って授乳していました。

 

でも気が付いたのですが、

離乳食が終わって(または三回食になって)、朝一番にご飯を用意するときは

ミルクを急いで作る時の時間と、

ご飯を急いで作る時の時間は

全く違うもので、息子は待てるのだろうか?と。

 

そこで、数日前から

朝起きてから30分は待たせる、というトレーニングをしています。

 

もちろん、ただ寝かせておく、遊ばせておくだけでは待てません。

泣いて訴えます。「おなかすいたー!!」と。

 

しばらく(10分くらい)抱っこしたのちに、

よっこいさんが起きている平日なら一緒に新聞を取りにいってもらって気分転換。

休日なら私が抱っこをしてベランダをウロウロして気分転換を図ってからそっと床に置いてみる。

 

といった具合です。

必要なトレーニングなのか疑問ではありますが、

ちょっと待てる(というか、ちょっとの間忘れられる)という息子がいるということを知れただけでも、母さんが朝一番で慌てなくてもよいという心の余裕が生まれたわけであります。

 

変な話ですが、

二回食が定着してきて、息子はその日一番最初にするウ〇チがコロンとしたものになりました。

大人がするようなコロンとしたものです。

成長を感じました。

 

最近ハイハイを始めた息子は、父さんの前ではよくハイハイをします。母さんのまではずりばいが多いです。なぜだ・・・?父さん大好きな息子です。
daisuki

arigato

 

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

はじめての家族旅行 お宿

はじめての家族旅行 準備

はじめての家族旅行 初日の観光  の続きです。

 

こんにちは。

初日の観光を終えて向かったお宿は那須のペンションファミールさんです。

決め手は随所に赤ちゃん対応しているお宿だったことです。

 

和室で、

貸切風呂があって、

離乳食に対応していて、

赤ちゃん連れが多く、

キッズルームがある。

 

夜中に寝ながら動き回り、柵のないベッドでは危険な息子。

お風呂もまだ抱いて入らなければならないので貸切風呂がないと厳しいです。

お食事面も何かあった時に対応してもらえると安心でしたし、夜泣きがきっとあるだろうなーと思っていたので普通のお宿だと精神的に私がダメかもと思ったり・・・

 

そんな不安を解消してくれたのがペンションファミールさんでした。

 

じゃらんの評価は高く、口コミを読むとペンションの方の心配りや随所に赤ちゃん配慮があり、また来たいと思わせるサービスにとても満足そうです。

ここなら安心して泊まれるかも…と思わせてくれました。

 

那須どうぶつ王国から近いところにあります。

外観はとてもかわいらしいく、お庭にある花や木がステキです!

1

 

玄関を開けてお出迎えしてくださり、お部屋にウェルカムドリンクを運んでくださって・・・!

チェックインはお部屋でゆっくりと行います。とにかくせかしたりせず、ゆったりとした雰囲気で迎えてくださいました。

 

お部屋は洋室や半洋室もありますが、息子がコロリンできるように私たちは和室を選びました。

2

 

そこにはバンボの用意が!息子は初バンボでした☆お座りできてうれしそうにしていました。

3

 

私たちのお部屋には電気ポットはありませんでしたが、夜の調乳用に持参した水筒へ熱湯をもらえます。

ドライヤーもありましたよ!おむつを捨てることができる蓋つきのゴミ箱まで用意してくださいました(*^-^*)

 

お夕飯は18時、朝食は8時です。

私たちは16時過ぎに到着しましたが、キッズルームで遊んだり、貸切風呂へ家族三人仲良くつかりました。

 

キッズルームにはおもちゃたくさん!息子は歩きたがっていたので歩行器が楽しかったようです!

12

他のお泊り客のお子さまも遊んでいらして、互いに刺激されながら、ちょっと気になりながら遊んでいましたよ(笑)お話をうかがうと、1歳を迎えられているそうでして初の家族旅行だそうです。みなさん、初めてはファミールを選ぶのだなーと思いました(*^-^*)

13

14

 

ひとしきり遊んだ後はお風呂へ向かいます。

 

お部屋にもユニットバスがありますが、ペンションにはふたつの貸切風呂があります。

そのうちのひとつ、岩風呂をお借りしました。貸切風呂は予約制ではなく、空いていたら入れる仕組みです。

 

写真はありませんが、赤ちゃんを寝かせて置ける簡易的なベッドがあります。柵はないので本当にお着換えの時だけ使えるものです。

 

中は広く、三人で十分は入れます。
大人用のシャンプーリンス(リンスインではなく、シャンプーとリンスは別々に分かれています)、ボディソープ、子ども用の泡タイプの石鹸が置いてありました。
子供用として、小さな椅子、大きな桶、バスマットの用意もありました。

わが家は初めて三人でお風呂に入りましたが、珍しいのか息子はきょとんとしていました(笑)

 

6月の夜の那須はまだ冷えて、大人でも長袖を着ていないと寒いです。

息子にはお出かけ着のカーディガンを持っていきましたが、お宿の中でも着せました。

 

お夕飯はお部屋食をお願いしました(無料です)。

18時から始まり、終わりは20時近く。一品一品もってきてくださいます。

15

お料理がビックリするくらいおいしくて、どこかのレストランでいただいているかと途中でわからなくなります。盛り付けもオシャレです。

16 17

食後はペンションのご主人様がカクテルを作ってくださるそうで(こちらは有料で、希望者に)、ノンアルコールもあるようですが、せっかくならアルコールが解禁になってからいただこうと思いまして次回にとっておくことにしました(笑)

 

この地元でとれたと思われるトマトが絶品で、びっくりしました・・おいしい!!

18

 

さて、息子はというと持参した離乳食を食べさせました。バンボで!

20

が、途中から「やっぱり抱っこ―!」と泣き出したので、私が抱っこして食べさせました。

お料理を運んできてくださったペンションの若奥さまが「離乳食温めましょうか」と声をかけてくださり、ご厚意に甘えました。そうしたら、ちゃんと子供用のお皿に入れて、スプーンまで用意してくださって、ありがたかったです(*’ω’*)感謝です。

 

大人のお食事が20時近くまでかかったのですが、

息子は眠くなってきてようで最後の方はグズグズでした(笑)

21

 

すぐお布団を敷いて、息子におなかいっぱい母乳とミルクを飲ませ、就寝としました。

壁側から、息子・私・よっこいさんの順。

22

息子を真ん中に寝かせる案も出しましたが、よっこいさんからNG。「自信がない」そうです(笑)息子をつぶしてしまうかもしれないそうです(^^)

この時間帯は他のお子様たちも就寝時間だったようで、遠くから子供の泣き声が聞こえてきました(^^)息子もちょっとぐずりましたが、みんな一緒なのであまり気兼ねすることなく就寝タイムを過ごしました。

 

その息子は3時過ぎに起きました。

実はその少し前からもそもそ動いていたのですが、うまくポジションをとれなかったようで泣いて起きた次第です。

そこからが大変で、環境が変わったせいか普段ならミルクを飲ませればすんなり寝てくれるのですが、今回はミルクを飲ませても抱いてあやしてもダメで2時間近く泣いてやっと寝ました…。

父さん母さんヘトヘトです。。。お隣さんや上の階の方、大丈夫だったかな・・・?

 

泣き疲れたか、その後よく眠った息子(&よっこいさん)。起こしても起きないです。
24
25

 

ペンションの方に謝罪しましたが、何てことないですといった雰囲気で救われました。

 

さて、朝食もこんな感じで豪勢です。

23

 

よく食べたので、ちょっとお庭を散歩させてもらいました。

お花がとってもきれい。そして茶臼岳も目の前にあって、母さんテンションマックスです!

26 27 28

 

最後はペンションの方が看板の前で撮影してくださいました。

29

 

何から何まで、心づくしのご対応で気持ちよく過ごすことができました。

初めての旅行で、赤ちゃん連れで、私たち側に行き届かない失礼なことがあったと思うのですが、とても気持ちの良い対応をしてくださって本当に感謝したいです。

 

うかがいますと、繁忙期は夏と年末年始。

お部屋タイプは和室が人気だそうです。

9割が小さなお子様連れのご家族。気兼ねなくまたいらしてくださいとおっしゃっていただきました。

冬は近くにキッズエリアのあるスキー場もあるそうで、きっとまた冬にお邪魔しますと告げて発ちました。

 

旅デビューをお考えのパパさんママさん。もし那須をチョイスしたならばこちらのペンションをご検討されても良いと思います☆楽しかったです!

 

次回は二日目の観光、日光東照宮をお伝えさせてください。

 

旅日記

はじめての家族旅行 準備

はじめての家族旅行 初日の観光

はじめての家族旅行 最終日の観光

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ