不妊治療

こんにちは。
 
 
今日は用事があり、ひとりランチ。
妊婦のときに行って以来のBAGEL&BAGELでした。

 
 
よっこいさんと息子は区の子育て支援拠点へあそびに出掛け、男同士のランチをしたはず。
 
 
さて、不妊治療ですが、今周期は卵管造影検査を行いました。避妊して検査に望むことや、検査後も今周期は避妊するように検査機関で言われましたが、主治医からは『検査後に結果が良好であることが前提だが、低体温で排卵がまだなようなら今周期は諦めなくても大丈夫』とお話がありました。
 
検査して卵管の通りが良くなった身体の私は、検査後の診察で内診をした結果、何と排卵前でどうやら今日か明日かの状態でした。
 
その日にhcg注射をしまして、翌日にタイミングを持ちました。いまは高温気を迎えつつある期間を過ごしています。
 
 
なぜ今周期は避妊するように言われたり、避妊しなくても大丈夫なのかは良く分かりませんが、無駄な期間を作らないという意味では良かったです。
 
 
私は疲れると耳にヘルペスが出るのですが、先月は耳ヘルペス、今月は背中に帯状疱疹が(-.-)
 
ちょっと心配なことがあるのですが、ちょっとではなかったようで身体が危険信号を発信しています。
そんなに食べているつもりはないのですが、体重増も。あっ、体重は関係ないですね~(^3^)
 
働いている頃は毎日悩んでいましたが、無職でも悩みは尽きません。
 
生きることは悩み考えることなのですね。
その中にある喜びや感動が際立つのはこのためであるのだから、ありがたいことなのかもしれません。
無い脳みそを使って、細胞活性化させて毎日過ごします!

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

成長を感じたみなとみらいでの出来事

こんにちは。

 

横浜のみなとみらいにあるランドマークタワーは1993年に開業しました。

今年で25周年。

私がまだ中学生の頃の開業となります。

 

どこか遠方へ車で出かけベイブリッジを通って帰ってくるとき、ベイブリッジ自体もそうですがランドマークタワーが見えてくると「あぁ、帰ってきたな」と思わせてくれます。

 

そのランドマークタワーの69階には展望台があります。

私も何度か行きましたが、それももう20年ほど前(-_-)

どんなフロアだったかも思い出せないくらい前です。

 

そのランドマークタワーの展望台へ、お友だち親子と行ってきました!

 

世界にも誇る速度の高速エレベーターに乗れば、1分も掛からず273mの展望台へ着きます。

子どもたちは初めて見る上からの横浜に喜んでいました。

みなとみらい21地区です。

ここから見ると小さいですね。人の判別が難しいくらいです。

 

お互いの住んでいる場所が見えてうれしく思いました(^^)

もちろん、お家そのものが見えているわけではないです(笑)

 

横浜駅方面。

 

昨日は晴れていたけれど雲が多く富士山を望むことはできませんでした。

ただ、子どもたちが窓の外を覗いたり、フロアの中を楽しそうにテクテクしている姿を見て、来てよかったな、と思いました。

そうそう、フロアには被り物も置いてありました。

ハッピーバースデーの帽子や富士山型の帽子もあったのですが、子どもたちにはウサギさんの耳をつけてもらってツーショット!(お友だちには写真掲載の許可をとっていませんので息子一人の写真を載せますね)

奇跡的に二人とも笑顔のツーショットでした!母さんたちが頑張りました・・・

 

 

実際にはもう少しお兄さんお姉さんになってからくると100%楽しめると思います。

お話が達者であると、あれはどこ?や、さっき行った場所だね!など弾みますね。

 

私共はこの後、昼食を摂りましてあそびパークへ。

子どもたちのたくさんの笑顔を見ることができました!

 

滑り台を滑る時、息子の身体が不安定に揺れて、たまにと言うよりしょっちゅう頭をぶつけていました。それが、この滑り台を滑っている時に気が付いたのですが、体躯がしっかりして安定した滑りになっていました。

成長を感じて、母さんはひとり感動していました。慎重派で滑り台のデビューも遅かった息子ですが、お友だちと並んで滑っている姿を見ることができてうれしいです。

 

ボールプールも、うまく歩けないから嫌がっていましたが最近は楽しそうにボールのプールを泳いでいます。

 

大人の勝手な思いなのかもしれませんが、

子どもが、自分の息子が、ほかのお子さんが楽しそうに遊んでいる場所で悲しそうにしていると本当に心にぐっとくるものがあります。

この子が笑顔で楽しく遊んでほしい!と思って連れてきたのに、悲しい思いをさせてしまったかな、と思うと泣けてくるのです。

そういう場面が少し前にたくさんありましたし、今もあります。

 

でも、息子がその楽しさに気が付いたり、逆に親の私が息子の苦手や好みを知り、息子や私も楽しめる場所を見つけて笑顔が増えてくると互いにハッピーで充実感があります。

このあそびパークも、今年の春くらい来たときは息子は泣いてほぼ遊びませんでした。やっとお絵かきコーナーで絵を書いたくらいです。

 

初夏をむかえた今は「帰りたくない!」と大泣きするほど楽しんでくれています。

 

お友だちは息子より3カ月早く産まれていて、もう2歳をむかえました。

赤ちゃんだった坊やがいまは歩いて、お話しして、自己主張もできて、おばちゃんは親戚な気分でうれしいです。

坊やはイヤイヤ期本番に足を踏み入れたようで、息子同様に帰る場面で大泣き。でもその泣き方がイヤイヤ期なんだなーと思わせてくれるような、床に寝そべって泣くあの泣き方でした(笑)

お母さまはほとほと困り果てていましたが、数か月後には私もあの立場になるのだ、と思うとお母さまを応援せずにはいられない気持ちになり、大人ふたり掛かりで坊やをベビーカーに乗せたのでした。

 

それぞれの子どもにエピソードあり。

大切な子どもたちの成長をみた昨日でありました。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

排卵期の不正出血

こんにちは。
 
 
現在、体調不良ですが
どうやら排卵を迎えているようです。
 
 
今は不正出血です。先日の卵管造影検査の影響はもうないと思われるので、恐らく排卵期の出血と思われます。
 
今周期は避妊をしますので周期を気にしなくて良いのですが、体調すぐれずお散歩もしんどいです。
 
 
実家に帰省していまして、じじもばばもおばちゃまもいたこの一週間。
明日からひとりで日中は息子と向き合います。
明日は気温が30度超えの予報。
ふーー、がんばろう!

(実家の母のお財布から全てのものを出した息子。ばぁばは悲しそうな諦めた目をして見ていました(笑))

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

少しずつ単語・いやいや

こんにちは。

 

息子が好きな絵本の中にちょうちょうが出てくる場面があります。

ちょうちょうの歌を歌って、手はひらひらとちょうちょうのように見せてやると少し笑顔。

この絵本は1~2日おきには読むので、頻繁にやっていると言えばそういうことになります。

 

昨日、公園へ遊びに行きましたら花壇にちょうちょうが飛んでいました。

息子は気が付いていなかったので、「ほら、ちょうちょうだよ!かわいいね!!」と声を掛けながら見やすい位置に身体を移動してやると、ちょうちょうを見つけた息子が大変喜びながら「たうたう」と言いました。

 

公園へ行く前の息子。自ら帽子を被り、靴を履くふりをしてお出かけしたいとアピール中。

 

ゆっくり成長している息子。

ちょうちょう、言えたことに私はうれしくて昨晩はひとり祝杯でした(笑)

 

考えてみますと、大人でも新しい言葉に触れると繰り返し使ったり覚えようとしないと「あれ、何て言うんだったっけ?」となりますよね。

英単語も一夜漬けでは身に付かないです。

 

息子が聞く言葉は人生初のものが多くあるのだから、繰り返し言ってやることは大切ですね。

 

ちなみにまだひとりでコップ飲みをしない息子ですが、大人がコップで飲ませてやる時に私はよく「手を添えて」と言います。

しかしなかなか手を添えようとせず、口だけをコップに付けて飲む息子。
仕方なしに大人が手を添えてやりますが、昨朝は「手を添えて」というと自ら手をコップに持っていきました。

・・・覚えたようです(^-^;

 

 

最近は・・・

おなかが空いているはずなのにいざ食事の席につかせようとすると大泣きしたり、お昼寝から目覚めると1時間ほどグズって抱っこだったり、自分のやりたい!したい!と違うと息子はご機嫌斜めになります。

イヤイヤ期ですかね。

私が精神的に一番やられるのは、食事を食べてくれない時です。

 

大好きなお肉が少ないから??じゃ、お肉増やすね!

とうもろこしがよかったのかな??じゃ、とうもろこしどうぞ。

あ!牛乳かな?牛乳飲む???

 

泣いて泣いてなぜか食べない時に、あの手この手で好きなものを出してみますが首を横に振って「ちがう!ちがう!!」のアピール。

じゃあ、もう好きにしてください。食べないのなら後でお好きにどうぞ!!!と私は心の中で思ってしまいます。

 

こういう状態の時は親も子も気持ちの切り替えが必要なのですが。。。

息子の気持ちが落ち着くまで待つでもいいのですが、お夕飯時だと1時間がすごく貴重で寝るのがその分遅くなる訳でして大変です。

息子の場合、効果的だったのが「バナナ」でした。

あの手この手を試したあとに最後の砦で「じゃあ、バナナ食べようかね。残してもいいよ」と言いながらバナナを半分あげるとピタッと泣きやみパクパク食べます。

その後、頃合いを見計らって食事の席につかせてお食事を食べさせます。

 

息子の取扱説明書がほしいと思う最近です。お話しできる年頃だと、きっともっと大変ですよね。パパさんやママさんたち、大変お疲れさまです。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

不妊治療~卵管造影検査

こんにちは。
 
 
天災により不安な時を過ごす方々を思います。
家族を持ったことでより一層、身近な事として考えるようになりました。
早く心穏やかに過ごせる日々が来ることを願わずにはいられません。
 
 
不妊治療についてのお話しをさせてください。
 
何度も書いて重複申し訳ないのですが…
このところのタイミング指導は素人目からもばっちりに見えまして、ドクターも同じようにタイミングは良いはずだとの見解でした。
 
ただ妊娠に至らないので、
次なる治療というか検査として卵管造影検査を行うこととなりました。
 
 
私の通うクリニックでは、卵管の超音波検査はできるそうですが造影剤を使用した検査はできず、造影剤希望の場合は他院への紹介状を出していただけるようになっています。
 
超音波で調べるのでも良いのですが…検査と同時に卵管の詰まりを解消できる造影剤検査は魅力的で、不思議な自信で絶対詰まっていると思っていたので造影剤検査を希望。(詰まりがひどい場合は検査で解消はできません)
 
ただ、3年前にこの検査を行ったときに激しい痛みと吐き気に襲われたため、私は相当な勇気をもって検査を受けることを決断したわけであります。
 
 
紹介状をもって訪れた病院は3年ぶりでしたがよく覚えていまして、ドクターもお元気そうでした。
紹介状の内容から私が出産したことを知ったドクターはお忙しいのに『おめでとうございます』と声を掛けてくださいました。
治療頑張った甲斐がありましたね、とも。
優しい雰囲気のドクター。私がここのご近所ならこのドクターにお世話になりたいと思わせてくれます。
 
初日は内診と診察を終えて、検査の日取りを決めて帰ったのですが、この間、息子は実家の母に預けていました。
 
ひとりランチ…!!
 
 
よし!横浜駅ポルタのジャンフランソワへ行こう!
パン屋さん、こどもと一緒に入店したこともありますがテーブルの間隔が狭めなので子連れにはあまり向かないかな、と思っています。そこで私はひとりランチの機会があればここに来るのです!好きなので。

 
 
安定のおいしさ☆
ただ息子を見てくれている母を思うとゆっくりしておれず、食べ終わるとすぐに帰りました。
 
 
さてさて、いよいよ検査当日。
昨日のことなのですが、この日も朝から息子を母に預けて私は病院へと向かいます。
連日の雨がこの日は上がって曇り空。外出の私はうれしいです。
 
病院へ着くとまずは診察。
今周期は避妊しているか、熱はないか、体調不良ではないかなど聞かれました。
続いては内診。
子宮内を消毒、バルーンカテーテルを入れます。
 
前回はバルーンカテーテルを入れてしばらくしたら気持ちが悪くなり、冷や汗をかきながら必死に吐き気をこらえていたのですが、今回はドクターから『出産したことで子宮内が少し広がったと思われるので前回ほど気分は悪くならないと思われる』と言われていました。
 
実際その通りで、バルーンカテーテルを入れたことによる鈍痛はありますが、気分が悪くなることはありませんでした。
 
バルーンカテーテルを子宮に入れ、カテーテルが太ももまで出ている状態でレントゲン室まで歩きます。
ロボットみたいに歩いて、格好が悪い人でした(笑)
 
レントゲン室では台の上で横になります。
そのあとドクターがいらしてカテーテルに造影剤をセット。少しずつ造影剤を流し込んでいきます。どんなタイミングか分からないのですが、2枚ほど撮影したと思います。
 
このときの痛み、前回の痛みの三分の一程度!
あっ、陣痛初期の痛みに似てる~、と考える余裕がありました。
前回は痛くて痛くて、台の上で動かないようにするのがやっとでしたが、今回はドクターの言葉も冷静に聞くことができました。
 
程なくして造影剤は終わったのですが、ドクターは『前回ほど痛みは少なくありませんでしたか?』と聞かれました。どうやらドクターは造影剤を注射器のような形のもので入れているようなのですが、押し込む際、卵管に詰まりがあると反発というか抵抗が強いのだそうです。
今回の私はさほど抵抗がなかったそうで、ドクターのおっしゃる通り、私は前回ほどの耐えられない痛みではありませんでした。
 
多少の詰まりはあったそうですが、造影剤を入れたことできれいに貫通しているはずとのこと。今周期は避妊しますが、来月から半年間のゴールデン期間へ突入!妊娠率が上がるそうです。
 
 

息子を見ていてくれた母から、一度も泣かずに本当にお利口で、いまはお昼寝前に傘で遊んでいるよ!とメールが届いていました。
大変緊張して検査に臨んだ私でしたが、緊張感から解き放たれてフワフワした身体、息子の写真で元気を取り戻しました。
 
 
ちなみに、検査後は一時間ほど気分が優れませんでした。お腹の痛みもそうですがモヤモヤと気持ちが悪く。ただ、横になるほどでもなく、そのまま帰路につきました。
 
検査日当日から二日間、抗生物質を飲みます。
ネックであった卵管造影検査が無事に終わってホッとしています。
今朝の横浜は日差しが降り注ぎ、久方ぶりにお布団が干せそうな空です。
金曜日、土日お休みのお勤めの方はもうひと踏ん張りです。応援しています、ファイトです!
 

アジサイが一輪、健気に咲いていました。
一度は通りすぎたしたが、気になって戻って観察。
若いアジサイなのですかね?頑張りが感じられて思わず撮影したのでした。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ