こどもの国

こんにちは。

私のどうでもよいことを書かせていただきます(^^)

 

私は、ママ友さんを積極的には作っていません。
縁あって片手で数えられる位の人数でお付き合いさせていただいている方がいますが、『もっと』とか『作らなきゃ』と思わないことにしました。

 

私はこう見えても
と、言っても皆様に姿を見ていただいていないし、私のことなんてどうでも構わないかと思うのですが(笑)、

私はこう見えても
気遣いの人であります。気を遣うだけで、行動にともなっていない感は否めませんが。

気遣い、というより気にしぃ。
気遣い、というより気を回しすぎ、とも言えます。

 

ですので、人付き合いは本当に疲れます。
それが顕著に基礎体温にでる、イコール、ホルモンの数値に影響しています。

お勤め先でも女性特有のゴタゴタなど経験し、疲れ果てました。
結婚を機に『もし母親になることができたら、無理してママ友さんを作るのはやめよう!』と誓いました。

いざ、子どもを持つと『息子はまだ自分でお友だちを作ることができないから、私がお友だちを増やさなきゃ』と勝手なる使命感が出てきましたが、そこは冷静になって踏みとどまることができました。

 

いろんなお考えがあると思いますが、
私の場合は精神が不安定だと夫や息子との生活にも影響が出るので、正解だったと思います。

私を人として見てくれて、良識を持ち合わせた数少ないママ友さん達は皆、快活で私にはない太陽のような輝きがあります。お話していて気持ちいいです。

 

そんなママ友さんのひとりから、『こどもの国へ行きませんか?』とお誘いを受けました。
こどもの国は横浜市青葉区にある、市民の多くは一度は遠足などで行ったことのある素敵な国です。

ホームページより引用させていただきます。
1959年(昭和34年)4月の皇太子殿下(現天皇陛下)のご結婚を記念して、全国から寄せられたお祝い金を基金に、1965年(昭和40年)5月5日のこどもの日に開園しました。

折しも平成最後の時を生きている私たち。そんないま、こどもの国へ行くことになりました。
私も家族と何度か行きましたし、あれは20代、友だちが失恋をしたので『どこか行ってパーッと遊ぼうよ!』と言いましたら何故か『こどもの国』と返答があったので一緒に行きました。
それ以来なので約15年ぶり。

電車を乗り継いでたどり着いた『こどもの国駅』。
降りて少し歩けばこどもの国です。

 

みな、ベビーカーで行きましたが、さすがこどもの国、国内で段差に困ることはほぼありませんでした。

私どもが最初に訪れたのは「こどもどうぶつえん」。
こどもの国は最初のゲートで入園料を支払い、そのあと国内の施設を利用するごとに料金支払うシステムです。

 

動物さんのエサが売っていたので購入。
アイスのコーンだそうです(^_^)

 

息子はどうせいやがるだろうと、半ば諦めていましたが、キャッキャッ笑って楽しんでいました。

 

だいすき、うさ子。
反応は薄かったですが食べてくれました。

 

はい、もう終わり。次行くよー、と声を掛けると名残惜しそうにしていました。楽しかったそうです。

 

汽車ポッポが国内を走っています(バス)。

我々も乗って入園ゲート付近へ戻り、国内の公園へ。バスのスタッフさんにお勧めしていただけました!

 

ちびっこが遊べる公園と、お兄さん・お姉さん向けの公園と分かれていましたので安心して遊べました。

 

実はこの日、昼前くらいから雨が降る予報が出ていて、午前中たくさん遊ばせて食事をして帰るという流れを計画していました。

12時40分くらいまで公園で遊ばせて、園のレストランへ行きました。
いつもなら12時くらいでお腹すいたと騒ぐ息子が、公園でずっと遊んでいました。みんなで来られて、動物と遊べて、気持ちが高ぶっていたんだと思います。楽しかったんですよね、きっと。よかったです。

 

レストランで食事中にザーザー降りの雨になりました。

息子は少し前までベビーカーの雨除けカバーを全力で嫌がって、雨の日のお出かけがすべて抱っこになっていて途方に暮れていたんですが、1歳10ヵ月ころから嫌がらなくなりました。

お家の中でカバーで遊ばせ慣らしたのもあると思いますが、少しお兄さんになって気持ちも落ち着いてきたのかな??

そのカバーをベビーカーに装着して、みんなでこどもの国を後にしました。

 

ベビーカーを引いて駅まで向かうと、大体7~8分という時間ですが、その時間で息子とお友だち一人が夢の世界へ・・・。のこる一人も電車の中でおねんねしました。

身体を動かすって大切ですよね。
良い眠りへとつながる気がします。

 

こどもの国の授乳室案内がありますので、ホームページのアドレスを貼っておきますね。
http://www.kodomonokuni.org/infants/#section04

ベビーカーの貸し出し、あるそうです。
レストランさんかくぼうしのメニューも載っていましたのでご覧ください。

アレルギーに対応したメニューというのは特別見られませんでした。
持ち込みも可なので心配なら持参した方がよさそうです。

レストランさんかくぼうしに行くとメニューを見ることができますが、そこにアレルゲン食品の記載がありました。卵アレルギーのあるお友だちは、甘口カレーを頼んで食べさせていましたよ。

息子はお子様ランチを。

内容はあまり覚えていないのですが、確か、ごはん(のりたまのふりかけ付き)とハンバーグ、ゼリーとジュース、からあげ、フライドポテトだったと思います。

 

こどもの国はとても広いので、午前中だけではまわりきれません。

一日かかりますね☆お兄さん・お姉さんでも楽しめるものがたくさんありまして(むしろ少し大きい子どもの方が楽しめます!)、おすすめです。

夏はプール、冬はスケートリンクがお目見えします。

春は桜がそこかしこに咲いているという素敵な国のご紹介でした。

 

ここは個人的にもまた来ようと思います。
とってもおすすめです!!

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

相模川ふれあい科学館へ

こんにちは。

 

沖縄滞在中、ホテルの空調について、微妙な調整ができずに寒かったり暑かったりと少し大変な思いをしていました。

 

結果、帰宅後に息子は鼻風邪がひどくなり病院へ。
長引きまして今も薬を飲んでいます。
 
そんな彼ですが、鼻水鼻づまり以外は元気でして、彼を喜ばせようとお出掛けしました。
 
 
沖縄で海の生き物にたくさん触れてうれしそうだったので、江ノ島水族館へ行ってきました♪
 
ペンギンがやっぱり好き。

 

それなりに楽しんで帰ってきました。
息子をつれていくのは2回目ですが、またお世話になりたいと思います。

 

さて、先週末のお話。
よっこいさんは休日だけどお仕事の調べで海老名へ行くとのこと。おまけに『付いてきても大丈夫』とおっしゃる。
 
『行きますっ』ということで、海老名へ行きました‼️
車内。

 
 

お仕事は午前中いっぱいかけて終えて、みんなでファミレスへ。そのあと、せっかくだからどこか行きたいという私のわがままをよっこいさんは聞いてくれて、ドライブしました。

 

行き先は、宮ヶ瀬ダムを考えたけれど、行ったことのない相模川ふれあい科学館もいいなぁと思い、ここに決定しました!

前週に行った江ノ島水族館に、相模川ふれあい科学館をおすすめするチラシがあって、それを覚えていたんです!

写真の手前にある広い面積の部分は、いつもなら相模川から水を引いてあって、この時期は子どもたちが水遊びをすることができるそうですが、台風21号の影響で未だ相模川の水が濁っているため引水していないそうです。少し残念。
 
 
早速、入館しました。
一階のフロアのみの展示のようですが、私たちはここを満喫しました。

 
 
小学校中学年くらいからきっと、展示の内容をよくよく理解して楽しめると思います!
小さな子どもや息子のような年齢の子どもも楽しめます。相模川に生態しているものが展示されています。生きた状態で☆

 

あゆの遡上の様子も見ることができます!!すごい~!
 

 

 
お外にはお魚の水槽があったり、ザリガニがいました。
いずれも、触ることができるんです。
私は苦手なのですが、どんなことにも興味を持つその気持ちは本当に素晴らしいことと思うので、触ることができるこの水槽は有難い機会を作ってくださっていると思います。

 

 
 
中の展示では、陸ガメさんやカワウソさんがいましたよ!

息子は陸ガメさんが気になって、触らせていただけました。『触っていいよ~』とスタッフさん!

 
同じフロア内にある、とある水槽。
息子、一生懸命みているのは。

 
 
母さん、とても苦手なフォルムの『オオグソクムシ』。


私、節足というのでしょうか、海老の裏側とか見られないタイプの人間です。残念。

 

そろそろ帰宅の時間かな、というタイミングで、ハリネズミにふれ合えるというイベントが!
私たちも並んで触らせていただきました。

息子、さっと触ってもう二度と触りませんでした。怖かったのか、眠くて気持ちが乗らなかったのか、わかりません。

 

相模川ふれあい科学館は、ご近所にあれば絶対に年パス買っていると思えるほど良かったです。コンパクトながら、魅せてくれる展示です。
ネットの評価が高いのも納得でした。

 

お近くに行かれて、お時間がある方はおすすめです(^_^)

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

沖縄・最終日

こんにちは。

 

来週、息子は2歳のお誕生日を迎えます。

息子は旅先で成長をするタイプで、それまでできなかったことやチャレンジすらしようとしないことが非日常で急にできるようになるようです。

 

今回の沖縄旅行は同じ月齢のお子さんがいらっしゃいましたので、大いに期待していたのですが、期待通りに息子は二つのことができるようになりました。

 

寝る親子

 

ひとつはコップ飲み。
以前、1度だけ一人でコップを持ち上げて、一人で飲んでいたのを見たのですが、以降全くやらなくなりました。できないというより、「やらない」のだな、と理解をしました。

それが沖縄旅行二日目の夜、お夕飯時に目の前に座ったお友だちがコップ飲みをしているのを見て「あのコップ欲しい」と騒ぎ出し(ミッフィー柄)、同じものを用意してやると一人でくくっと飲んでいました。

横浜に帰ってからは、リッチェルの両手カップを握らせてやると(握らせなければまだ飲まない…)一人で飲みます。(↓蓋をとった状態にして渡しています)

 

出来るようになったこと、ふたつ目。
それは、とってもあやしい二語文です。

二語文とは(たまひよさんから引用させていただきました)

単語と単語をつなげて話せるようになります

 1才6カ月〜2才6カ月になると、「パパ、いた」「わんわん、行っちゃった」など、単語と単語をつなげて話すようになります。これが二語文です。また、このころには、自己主張が強くなり、「イヤ」「ダメ」など否定的な表現も出てきます。1年間で200以上も語彙(ごい)が増え、「痛い」「熱い」など状態を表す表現も豊かになります。

抱っこをせがむとき、息子は「あっこー」や「だっこぉー」と言いますが、沖縄旅行三日目に「ママ、だっこぉー」と偶然の流れで言いました。

横浜に帰ってきてからも一度聞きましたがそれっきり。
あやしくてもいいから他に二語文らしい言葉は出ているかと言えば、無いです。皆無。

 

でもこの二つが何となくできるんだと分かった私はだいぶ安心しましたし、これからもっと機会が増えればいいな、と思っているのでした。

 

さて沖縄最終日は、私共が沖縄滞在の中で一番の晴天でした。こんな日に海へ入りたかったです(笑)
沖縄通さんのおすすめのタコライスを食べに行きました。

最近できたのでしょうか、リゾート感満載の素敵な商業施設、瀬長島ウミカジテラス。

日射しが痛いです。

 

人気のタコライス店、きじむなぁさんにお世話になりました。
(息子は心の友・うさ子にチュー。お友だちの坊やはシールに夢中)

 

人気のタコライス店ですので、注文してから席を確保します。
空調のある店内の席は数が少なく満席。我々はお店の前のテラス席にすわりましたがやはり暑いですね(^^;)

ランチミーティング

 

来ました!タコライス

トッピングはお好みで選べます。アボカド、たまご、いろいろありました!

お子様用のタコライスを注文しましたが、大人と変わらない味付けかな、といった感じです。濃い目でした。

 

汗をかきながらモグモグ食べる。

 

今回の旅程をすべて考えてくれた沖縄通のお兄さん。
息子はお兄さんと会うのは3・4度目くらいなんですが、旅で大好きになったようです。よく目で追ってました(笑)

お兄さんの”グーッ”を真似る息子です

 

この後は那覇空港でレンタカーを返却。
名古屋へ帰る家族、もう一泊沖縄に泊まるカップル、横浜へ帰る家族。空港でさようならをしました。

 

行きの飛行機は少し寝ていてくれた時間があったので助かりましたが、帰りは地獄でした…。

元気が過ぎて、父さんと母さんの膝の上を行ったり来たり。ベルト着用サイン中に「あっち~!!」とあっちの方向へ行きたがったり、座席についているボタンを触りCAさんを呼んでしまわないかヒヤヒヤしたり。

持ってきたクレヨン、おもちゃ、絵本、あの手この手です。

 

今回はJALさんにお世話になりましたが、子どもには途中おもちゃをくださるので、目新しいおもちゃが好きな子どもは少し大人しくなります(笑)助かります。わかってくださっているなぁ~

キーン!と言いながら前方の座席や後方の座席の背もたれ部分で飛行機を走らせようとするので、それはそれで大変でしたが(笑)

 

 

息子はまだ、空の上を飛んでいることがまだわかっていなんいんだろうなーと思います。飛行機だ、ということは認識している??ようですが。。

来年乗ったらまた違う楽しみができると思うのです。お空に行くんだ!と。成長も、旅行も楽しみです。

 

今回、旅をするにあたって一番の不安はお食事面でした。

大人はいいのですが、息子は野菜が入っているとなかなか手を付けようとしなかったり、お肉でも好みが出てきてしまってなかなか外食は難しいのです。

そこで私はアンパンマンカレーを用意しておきました。

白いご飯にかけるだけ。これなら食べてくれると思うので。

あとは現地ですぐにバナナを購入し、常に持ち歩いていました。

バナナは毎食後に欲しがったので、買っておいて正解。カレーも使いました。大人の取り分けがなかなか難しい場面で、白いご飯はあったのでルーをかけて食べさせました。持ってきておいてよかったです。

ちなみに、このルーは現地のイオンでも売っていたので念のために追加購入したりも。

 

なんでも臆せず食べてくれれば楽なんですが、見た目と気分で食べたり食べなかったりがあるのでちょっと苦労はします。

しかし、案外大丈夫なんだということも分かり、気張っていた外食もこれからはふらーっと行けそうなそんな自信も付きました。

 

今回は大人数で、同い年のお子さんもいらっしゃるという、息子には良い環境で旅行ができたな、と感謝をしています。

私は最初、息子が騒いでみんなに迷惑かけたら嫌だな、別にレンタカーを借りたいなと思っていたのですが、大きなバンを借りてみんなでワイワイ、歌ったり泣いたりして楽しく過ごさせてもらいました。

 

この車を運転してくれたよっこいさん、沖縄通のカップルさん、ありがとうの気持ちです。

(写真ではなかなか伝わりませんが、マイクロバスか??というほど大きいです)

 

心配だらけだった沖縄旅行は、息子の成長が見られたのもそうなんですが、海やプールを本当に楽しんでいた様子を見ることができましたので、行ってよかったーと心から思いました。

子どもが笑顔だと、親ってうれしいんですね。
母も、私の母もそうだったのかな、と時々思いながら日々を過ごしています。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

沖縄・三日目

こんにちは。

 

昨年、創立60周年を記念して発売されたオリオンビールのドラフトエクストラ。

(オリオンビール株式会社のホームページよりお写真を拝借しました)

 

今年も数量限定で発売されています。
 
沖縄・奄美ではコンビニなどでも売っているようですが、本土では沖縄ショップなどで探さないと手に入らないかもしれませんね。
 
沖縄旅行の最中に、沖縄に詳しい方がコンビニで見つけて「これは貴重~」とおっしゃいながらすぐに購入。その場で開けて飲んでました(笑)
 
旅行の最終日に立ち寄ったスーパーで、私は3本購入。
先日、横浜の地で飲みました!

 

うん、飲みやすくて!それでいて、普段のオリオンビールよりも風味が豊かなような気がします(^-^)
 

キレ感進化!ですからね!!
 

 

出産後に食の変化がありまして、1年半くらいでほとんどのものが出産前と変わらなくなりましたが、ビールを飲みたい!!という気持ちになかなかなれない、という症状は治りませんでした。
 
しかし、沖縄旅行の初日にホテルで飲んだオリオンビールがそれはそれはおいしくて、ビール好きが復活しました(^^)よくやった、自分。
 
ということで、こちらのドラフトエクストラもおいしくいただきました☆
 
ただ、やはり沖縄の青い海・非日常でいただくビールと、横浜の散らかった部屋で飲むビールの味は違いますね(^^;)

 

さて、沖縄旅行三日目ですが、
午前中はホテルのプールで楽しみました。
 
 
息子にはこの夏、沖縄旅行をにらんで毎日のようにビニールプールへ入れてお水に慣らしたのですが、功を奏したようで、笑顔がたくさん見られました。
 
 
プールから上がったあとは
沖縄通のカップルさんがおすすめしてくれたジャークチキンのお店へ向かいます。
 
ジャークチキンはジャマイカのお料理で、鶏もも肉の皮の上にスパイスを掛けてグリルしてあるお料理でした。
ガーリックライスとの相性が抜群!鶏肉も柔らかいので本当に美味しかったです!

 

子どもたちは普通のライスを取り分けて、チキンのスパイスなしの部分をほぐしてあげました。お肉のところにも風味がしっかり移っているので、おいしそうに食べていましたよ(笑)

 
 
そのあとは車を走らせて、
海中道路へ。途中、車を止めて散策です。

 

 

人の少ないビーチにやって来ました。
ここも、沖縄通のおすすめビーチでした!でもビーチの名前を忘れました~すみません。

 
人も少なく、しかも無料。
波も穏やか、子どもよろこぶ。

 
息子はさーっと引いていく波が面白かったようで笑っていました。
 
 
お夕飯はシーサイドドライブインという眺めの良いレストランでいただきました。

窓一面に広がる海と、沈みゆく大きな太陽がきれいに見える、デートにはもってこいの、スープが美味しいところでした(^_^)
 
 
レストランにはお子さまランチがありました。幼児食で割りと進みが早いお子さまなら大丈夫です。
その他のメニューを見ても、離乳食後期の方は厳しいかなぁ。といったラインナップでした。

つづく

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

沖縄・二日目

こんにちは。

沖縄旅行、前回の続きです。

 

私たちはかねてより仲良くしていただいている名古屋の友人家族がいますが、この友人家族には私たちの息子と同じ月齢のお子さまがいらっしゃいます。

 

夫同士が以前の同僚という関係で、東京でお勤めしていました。

ご夫妻は東京で暮らしていましたが、その後名古屋へ。お引越ししてからもお付き合いが続けています。

 

ある日、名古屋から横浜に仕事でご夫妻がいらして、夫たちは元職場の方達との集まりがあるとのことで東京へ。
残された奥さまと私は一緒に横浜髙島屋でお夕飯を食べたときのこと。

私、ちょうどその頃は妊娠2~3ヵ月くらいでして「私、妊娠したんだ」と報告をすると、奥様が「私も!」となり、お互いに驚き。しかも予定日が近似。心強い思いでした。

 

そんなお友だちですから、お会いすると息子同士の成長が楽しみで、「(お友だちのお子さま)もう2語文でてるね!」「(息子のことを)お歌が上手だね」などお互いに感動しています。

 

 

今回の沖縄の旅は、この友人家族と一緒です。そして友人カップル。

友人カップルの彼氏さんも同じ職場でした。つまりは男性陣がみな同じ職場に勤めていたという関係です。

「ブラックだ!!!!!!」と夫たちが口を揃えて言っていた職場でしたが、人には恵まれたようです。何かを犠牲にして、何かを得るものなのですね(笑)

 

さて、沖縄二日目となった9月4日は甚平で過ごします。(心の友・精神安定剤、うさ子も一緒です)

 

この日は友人カップルが合流します。お仕事の関係で、我々とは到着が一日ズレました。

レンタカーで那覇までお迎え。

 

近くの駐車場に車を止めて、公設市場へ行きました。
個人的には沖縄へは数回来ていますが、公設市場は初めてでした♫

子どもたちはお水の中にいる生物に興味津々でしたよ。

 

畳があるお店にお世話になりました。

実は友人カップル二人とも、時期は違えど過去に沖縄住民でした(^-^)お詳しいのです☆
子どもがいるので畳があるとうれしいですね。「あだん」さんにお世話になりました。

 

刺身のほかにお魚の煮つけ・から揚げも。お店でふーちゃんぷるーと豆腐ちゃんぷるー、あとご飯を頼んで子どもたちに。

お魚の煮つけも少し食べさせましたが、息子は魚が好きなのでかなり食いつきが良かったです(笑)

 

息子は初めて見る料理は慎重になるタイプです。外食はちょっと苦労します。見慣れないと怖いのでしょうか?(↓豆腐チャンプルーを見て、泣いて抱っこを求めています)

イヤイヤ期が始まる前までは好んで食べていた挽き肉も、最近は首を横に振って食べません。肉団子もハンバーグも・・・難しい、イヤイヤ期。

こうやって「これはいやだ」と泣いて訴えている最中も、おなかはすいているから口からよだれが垂れるんです。そんな姿を見ていると、「食べたいのに食べられないなんてかわいそうだなぁ」と思います。(でも結局、豆腐ちゃんぷるー食べました・・・おいしいと分かり残さず(-_-))

 

食べた後は移動して美ら海水族館へ。

今回、ベビーカーは持ってきていませんので水族館でお借りしました(無料)。

美ら海水族館は大変人気で混み合っていました。

この日はショーを観ることが叶いませんでした。

お天気が不安定で移動が難しかったのと、お夕飯の時間を考えてそろそろホテル方面へ帰りたい時間だったからです。

 

ただ、お土産はゲットしましたよ!!

これは以前、よっこいさんと初めて行った美ら海水族館で買ったものです。

少しかけているんですが、息子がこれを見ると嬉しそうに使うので、新しいものを新調しました!

 

ちょっとデザインが変わりました(^-^)

ちゃんと「美ら海水族館」とローマ字で印字してあります☆

息子は最近、「かめ」「ぺんぎん」「マンボウ」「貝」「カニ」など、海にまつわるものの名前をよく言っているのでかめのスプーン。あと2本ほど買い足しました(チンアナゴとマンタ)。

 

息子はすぐに抱っこを要求してくるのでベビーカーがあって助かりました。

一方、友人の坊やは一人で歩きたいタイプだそうで、むしろ抱っこをさせてくれないとご夫妻が困り顔。なるほど、それぞれの家庭でいろいろ悩みはありますね。

ただ、そんな坊やも疲れたりすると大人しくベビーカーに座っていましたので、ベビーカーは借りて損はないと思います。荷物も置けますしね(^^)

 

この日のお夕飯はホテルの中にある鉄板焼きにしました。みんなでワイワイと焼いて、子どもたちも焼いたお肉を細かく切ってご飯と共に頂きました。

ホテルの中で食事だと子どもに配慮してくれるし、食べたくない!なんて時に代わりが利くものがありそうだから、なんだかほっとしちゃう母親たちでありました。。。

 

つづく

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ