リベンジ、野毛山動物園

こんにちは。

 

野毛山動物園へ行こう!と思い立ち、バス乗り場まで行くと長蛇の列だったので混雑などを考えて諦めた日がありました。

その様子はコチラで⇒ある日

コスモワールドで二人で遊んだり、
カメさんをお散歩している方と出会えたり、
動物園へは行けなかったけれど、すてきな時間を過ごせました。

 

でもやっぱり動物に会いたい!
この日もお弁当を作って朝からお出かけ。バス停に人は…いない!!
先頭に並んでバスを待ちますが、その間に人が増えてきました。

でも先日のような混み合いではありません。先日の混みあいは市内の小学校などお休みの日に当たっていただけかもしれません。運動会シーズンですしね。代休かな~

 

さて、野毛山動物園に着いたら早速、記念撮影です☆

ハロウィン仕様になっていました(笑)

 

アライグマにも会えまして、こうやって距離をとってみるとかわいいですね。

 

 

息子はこの日、動物に会えたのがうれしかったようでよく歩きました。

多数の小学校・幼稚園・保育園の方々がお散歩や遠足に来ていて、元気に走ったり歩いたりする様子を見ていた影響もあると思います。

 

子ども同士って良い時も悪い時も影響しあいますね(笑)

この日はお手本が至るところに居てくれたので、普段は抱っこ星人の息子も、せがむ機会は普段の2分の1といったところでした。

「くあく(くじゃく)」とはしゃいで離れない息子

 

野毛山動物園でご飯を頂く時は、スナック系の自動販売機が設置された屋外の休憩所がありますのでそこでも買えますし、持参したお弁当を食べることもできます。

また、屋内の休憩所もありましてそこでお料理を注文し食べることができます。
お子様ランチもあります。屋内休憩所の中でも持参品をいただくことが可能です。お手洗いはきれいですよ。おむつ台もあります。

 

私は息子のお弁当は作って、自分の分はコンビニで・・・と思っていたのですが、バスの時間がギリギリでコンビニで調達できず。屋内休憩所でお料理を注文しいただきました。

ナポリタンです。

 

息子はお弁当に入れるご飯類を残しがちで、ナポリタンなら食べるかなと。
シェアすることを見込んで、自分用にドーナツも購入しました。

お豆腐ドーナッツでした☆

 

ランチをいただいた後は、充電満タン!!とばかりによくはしゃぎました。

 

大好き、ふれあいコーナーへ向かいました(^^)/

4月に来たときも大はしゃぎでした。
その時の様子はコチラです⇒野毛山動物園

 

今回は、「かあいーねぇー(かわいいね)」「いいこ、いいこ」と言いながら触ったり眺めたり。お兄さんになってきました。

 

お隣の女の子が優しくて、逃げるハツカネズミをそっと息子の方に誘導してくれます。
心優しい女の子でした(*^_^*)ありがとう。

 

野毛山動物園はくるっと一周すると、最後はどうしても階段になってしまうんです。

スロープを探そうとすると来た道を戻らなければなりませんので、ベビーカーや車いすの方はご注意です。

わが家は小学生のお兄さん・お姉さんのおかげで、最後の階段を「自分で登る!!」と頑張ってくれました。私はベビーカーを担いで登りました(笑)

 

一日過ごすにはちょっとコンパクトかな~と思いますので、半日程度を目安にいらっしゃるとよいかな、考えます。

幼児食が始まっていれば、園内のレストランで注文もできそうなメニューがありますが、離乳食や幼児食が始まったばかりの場合は用意した方がよさそうです。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

パパ、の2語文

こんにちは。

 

息子は先月で2歳をむかえました。

一般的には1歳6か月ころから2語文が出ると言われていますが、息子は最近やっと言い出しました。

しかし頻度は少なく、久しく聞いていないという日が続いたある日のことです。

 

「パパ、アッポー」

 

よっこいさん、大喜び!!
だけどちょっと複雑な心境の2語文が出ました☆

 

実はそれまでの2語文は「ママ、だっこ」か「じいじ、だっこ」のみ。”パパ”に関しての2語文がなく、よっこいさんはちょっと残念がっていました。

それが今回は「パパ、アッポー」と、パパと言えたので喜んだのです。

 

しかし、問題はアッポーでして(笑)

そもそも、アッポーとは何かという話をさせてください。

 

私は普段から郵便受けの夕刊を取り出したら息子へ渡していました。

息子は快く受け取って広げているのですが、ある日の1面にアップル社のロゴマークが載った記事が出ていました。

息子はマークを指差しながら私のほうを見てきまして、これはなあに??と聞いているのですが、私は「アップル」と言わずに「アッポーだよ」と教えました。

響きが気に入ったようでして、「アッポー」と言うとゲラゲラと笑っていました。

 

そして数日後。

テレビでiPhoneのCMが流れると、マークを見つけた息子が「アッポー!!」と大喜び。

おまけによっこいさんの携帯電話もiPhone。

息子はよっこいさんの携帯を「アッポー」というようになりました。

 

わが家は息子に対して、スマートフォンを自由に操作できるようにはさせていません。
緩急をつけるために私のものは渡さず、よっこいさんのものは良い時に触らせています。もちろん短時間、大人は目を離さずに。

息子はスマホを触りたい時は「アッポー」とよっこいさんに甘えん坊になりながらお願いしていたんですが、それが進化して2語文で「パパ、アッポー」となった訳です。

 

ふーーーっ

説明が長くてすみません!

 

「パパ、アッポー」は、例えばそれが「パパ、だっこ」なら素直にとっても嬉しいのに(^^;)という状況です。

おまけに今朝、これまた久しぶりの2語文が出まして、よっこいさんが仕事へ行くのでお見送りをしようと誘ったのですが、息子は動こうとせず。

ソファーに寝っ転がっておかあさんといっしょを見ながら「パパ、バイバイ」と言いました(笑)

 

何様?

 

俺様な息子は本日、ブランコを楽しみました。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

リセット

こんにちは。

 

不妊治療の事ですが、

前の周期の時、排卵誘発剤を飲んだのでいつもの通り排卵は大体D12~D13あたりかな?と思っていました。

そのくらいの時期にクリニックへ行き、卵胞の様子を見てもらいましたがまだ成熟しておらず排卵には早い状態。

そうなりますと、強制的に排卵をさせる注射を打つにはまだ早いので数日後に来院し卵胞の状態を見る、ということになるのですが、その「数日後」がちょうどクリニックがお休みの日でした。

 

ドクターからは、今周期は自分自身で管理していきましょう、という話がありましたので、私は早速ドラッグストアで排卵検査薬を購入し、毎日検査をしていました。

以前は良く購入していた検査薬。懐かしいです。

 

不妊治療に躍起になると、病院でちゃんと排卵のタイミングを調べてもらっているにも関わらず、自宅でも自分で検査薬を使い調べるダブルチェックをしている方も多いのではないでしょうか。

高額な治療に加え、購入できる排卵検査薬もかなり高いのですよね。

高いお金を払うときに、ただ子どもが欲しいだけなのに・・・と、なぜか悲しい気持ちになりながらお金を支払っていました。

 

さてさて、検査薬は毎日測るけれど陰性のまま過ぎてゆき、そして昨日リセットを迎えました(-_-)

こういうことは以前もありまして、検査薬が反応しない時の卵胞の状態は良くないそうなんです。

例えば排卵しないで卵巣に残っていたり、形だけ排卵はしたけれど成熟していない・状態の悪い卵胞だったりと説明を受けた覚えがあるような・・・

 

とりあえず近日中にクリニックに行って状態を診ていただき、また排卵誘発剤を飲んでいきたいと思います。

排卵誘発剤 → 排卵させる注射 → タイミング → 子宮の状態を安定させる薬のお決まりコースを今周期も受けることとなります。

 

次のステップ(人工授精・体外受精)に行ってもいいですよ、と毎回言われていましたが、「年明けから・・・」と逃げています。

やっぱり、痛い・つらいは避けたいです(^^;)

 

 

息子は最近、周りの子どもを意識し始め、楽しそうにしている子がいると一緒になって遊ぼうとしたり、その様子を眺めて笑ったりしています。

遊んでいるのを邪魔されて周りのお子さんにちょっかいを出す、またはその逆はありましたけれど、「一緒にあそぶ」というような様子はここ最近見られるように。

これも2歳ごろからある発達の過程だそうです。
早いお子さんはお友だちの名前を呼んだりしますね。息子はまだまだまだまだ呼ぶなんてできませんが、他者を認識し始めたことは親も理解して行動させてあげたいです。

昨日、公園で宝物を見つけました(どんぐり)

 

 

お友だちが楽しいと、自分も楽しい。

 

そういう気持を持ってもらえれば、親としても安心なのですが、それはまだ早いのかもしれませんね。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

バナナで生きる

こんにちは。

 

息子のイヤイヤ期には困ったもので、

お家にいると癇癪を起す場面が多い気がします。

 

お外にいるとネコを被ったかのように良い子になったりするのですが(もちろん、癇癪を起すことも多くあります)、それはやはり幼い子どもでも気が張っているということなのだろうと思います。

お家では甘えが許されるので思いっきり気持ちをぶつけてくるでしょうか。

 

息子は食事が後半に近づくと「ばなな」とバナナを要求。

主食となる米やパンは食べずに、バナナを要求。

「これ(米やパン)食べたらバナナあげる」と言っても通じているのか通じていないのか、泣いて怒って食器を床に落とし、フォークを投げて泣き叫びます。。。

 

私、「甘いよね、あの親」と思われるような親にはなりたくない、と強く思っていますが、最近はもうこうなると「はいはい、バナナね」とバナナをあげるようにしています。

もちろん、食器を落としたり、フォークを投げる行為については叱りますが(^^;)

 

ある日、実家で持ってきたお弁当を食べさせていたときのこと。

お弁当を半分食べた時点で息子が「ばなな」。

私はお決まりのセリフで「おべんとう全部食べたらバナナあげる」というと、息子は首を横に振って「ばなな!!」とバナナ要求。

私はバナナを用意し始めましたが、その様子を見た姉が「バナナあげなきゃいいじゃん。お弁当絶対に食べさせれば」と言ったのですが、「じゃあやって見せてください、お願いします」と喉まで出かかってぐっとこらえました。

 

子育てはその子どもの持つものによって大きく変わると、子どもを持って本当に分かりました。

何が正解、もない。

ヨーグルトしか食べない子、パンしか食べない子、いろいろな子どもがいて親御さんが横で苦労して疲れ切って食べさせている様子を何度も見ています。

私はまだよい方で、息子はバナナを要求しますがその前におかずを食べてくれます。

 

私はむらっけのある息子の食事に、どうしたらいいか毎日考えて、考えることに疲れて、本に書いてあることも専門家が言っていることも、どうも息子に当てはまらないことも多く、お手上げですと言いたいこともしばしばです。

 

でも、離乳食の時に本当に食べてくれなくて泣いた日々を思えば、
いまは好きなバナナがあって、
「ばなな」と言えて、
おいしそうに食べてくれて、
しかも安価だし、

 

どうぞバナナを食べて健やかに大きくなってください。

それくらいの気持ちで過ごしたいと思います。

 

こう思えるまでに

「どうしてご飯を食べないでバナナって言うの!!」と何度も思ってキレてました(あ、現在もですが笑)。

心の中でが大半ですが、堪えきれず息子の前でも言ったことも何度かあります。

そういう時、自己嫌悪に陥ってもうどうしようもなくお酒が進みますが、そういうのを乗り越えて(?)、どうぞバナナで大きくなって。と思うようになりました。

 

4歳の男児を持つ友人が先日教えてくれました。

「うちも嫌っていうほどバナナばかり食べていたけど、ピタッと食べなくなってもう1年経つ。時々出してみるけど手も付けない」

 

NHKのテレビ番組、すくすく子育てでも専門家の方がおっしゃっていました。

「2歳代が一番食事にむらがある時期」と。

 

だから、食事もちゃんと食べなさい、と教えながら

バナナも食べてもらおうと思います。

 

バナナで大きくなってます!

 

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

秋冬用の帽子

こんにちは。

 

息子の帽子については妥協せずに買うようにしています。

毎日被りますし、私も毎日見る訳ですから、納得のいくものにしたいのです。

 

納得のいくものはなぜかメーカー品に寄り、高額になる傾向はあります。

やはり、良いものは良いということなのでしょうか???????

 

センスオブワンダーさんには幼い頃から割とお世話になりまして、

 

こちらの帽子はいまだ店頭で見かけるたびにかわいいな、と思いますし、買ってよかったなーと思います。

ひと月前までかぶっていた麦わら帽子も好きです。

 

成長しますと、かわいい系の帽子がなくなり(例えば私は「みみ」が付いた帽子が好きです)、男児ですとツバがある帽子が主流になります。冬場はニット帽もありますが。

少年へ近づきます。

 

母親の好みなんて関係なく、季節は秋から冬へ着実に移行するわけで、外気が下がり息子の温度調節のためにも帽子は必要です。

10月上旬にデパートを何度も見て、う~ん!!!と迷いつつも買った品がコチラです。

 

私はネットでポチッとすることもあれば店頭で買うときもありますが、どちらの場合も必ず店頭に現物を見に行きます。帽子だけは。

私にとって、この買い物は大変高額でした。6千円超えますので・・・帽子に!

ただ、調節が可能だったことが私の購買意欲を刺激しました。

このように、後ろ側がマジックテープで調整可能で、来年の秋冬まで使えるのです!!!

これはありがたい。

 

息子はいま2歳。大体頭位50cmくらいが目安です。

来年の秋冬は+2cmくらいが目安だそうで、この帽子は50~52cmで調整可能なのです!

これはありがたく、本当はかわいい系の帽子を探していた私ですが、迷いに迷ってお兄さん系帽子を買いました☆

デパートで試着するときは被ることを拒否していた息子ですが、購入後に自宅で「帽子被って公園いくよ~」というと喜んで着用しました。ほっ

 

他店にも似たような配色とデザインの帽子がありましたが、使われている素材がコチラの方が気に入りましたのでダブルビーさんでお世話になりました。

表記上は洗えないのですが、店員さんに「洗えない・・・ですか??」と聞きましたら、優しく手洗いならば毛羽立ちや型崩れが少ないと思われるので大丈夫です、とお答えいただきこちらも購入の決め手に。

洗えません、と言われたらちょっとたじろいでしまいますが、本当に気に入ったものなら買って、手洗いしちゃうと思いますが(^^;)

表記上は洗えないことになっているので、あとは私の手洗い&干すセンスが問われるところだと思います。

 

色違いもありまして、ベージュは顔周りを明るく見せてくれました。

 

わが家にある服とのコンビネーションを考えて、今回はネイビーにしましたがベージュも素敵でした。

 

私の母は孫がかわいいからとよく洋服をプレゼントしてくれますが、これは母と私の洋服の趣味が似ているので安心して母も購入してくれます。

ただ帽子だけはその人の好みが強く出るものだと思うので、そのあたりは母も遠慮してくれて「あなたが好きで納得するもの買うだろうから」と言ってくれます。

たしかに、そうだなと思いますので帽子は思いっきり私の好みで買わせてもらっています。

 

もうすぐ、私の選んだものは被ってくれなくなるだろうから、今のうちに「みみ」のついたものをたくさん被らせたい私です。

 

じいじとあそぶ息子

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ