成長

こんにちは。

 

1月31日の横浜は、夜からお天気が崩れて雪の予報も出ていました。

実際は午前中から雨が降り始めたのですが、私の眼には雪を確認することはできませんでした。

 

午前中だけ公園で遊ぼうと考えていましたが、雨が降ってきたので急きょ近くまでお散歩することにしました。

ザーザー降りではなく細かい雨粒だったので、梅雨以来、着ていなかったレインコートと長靴を履いてお出かけです。

 

偶然にもこの前日に息子が「ながぐつー」と突然に発し(おそらくテレビで長靴の絵でも見たのだと思うのですが)、「はくー」と騒いでいたのでちょうどよいタイミングでした。

 

満足げに長靴を履いて、レインコートはちょっと着ることを嫌がったのですがすぐに慣れてくれてお散歩です。

レインコートの下にはフード付きのアウターを着ているのでもこもこしていますが、私は息子の姿を見て成長を感じました。

と、申しますのも
梅雨時のレインコートの裾は地面に付きそうな感があったからです。

上の写真は梅雨というか7月の時の写真です。
(私のポーチが前を向いているのは見てみぬふりをしていただければと思います…)

ドレスを着ているかのような、何と申しますか、レインコートが歩いている感じがあったのですが、今はしっかりと幼児がレインコートを着て歩いているといった具合です。

 

少し働いていた時のことを思い出したのですが、

日々働いていると時間の流れを早く感じたり、反対に遅く感じることもありますが、自分自身の時の経過を真剣に考えることが少なかったです。私の場合ですが(^^;)

納期とか、期限とか、そういうものに追われていたのですが、
子どもを持ち、着る服が小さくなったり幼稚園を探したりすると、息子の成長と私自身の年の積み重ねを肌で嫌というほどに感じます。

ありがたい感覚です。

そしてこうなると親の老いも感じる訳ですね。大切にしなくてはなりません。

 

今日は節分でしたね。

去年は鬼の面を付けたよっこいさんをみて泣いた息子。(面をとったよっこいさんを見てほっとしてまた泣いている息子です)

 

今年は笑いながらも少し怖がっていました。恐ろしさをごまかす笑いでした(笑)

福は内、鬼は外が終わると豆を食べさせてくれました。

 

どんどんお兄さんになる息子ですが、

本当の意味でお兄さんにしてあげたい私でした。前の周期でÐ48でやっと生理が来ました(笑)

上手くいかないものですね。気長に、気長に。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ