一年ありがとう

こんにちは。

みなさん、どんな1年をお過ごしでしたか?
私は出会いに感謝したい1年となりました。

息子が5月から幼稚園のプレに通い始めましたが、そこで出会ったふたりのママさんとお付き合いが始まりました。
年齢も出身も違う3人が楽しく話し、子ども同士も名前で呼び合う仲になることができました。

2人のママさんのうち一人の方に断捨離のテレビ番組を教えてもらって見始めて、「よしっ!私も」とお家のなかを少しずつ片づけることに成功しています。

そしてもう一人のママさんから「夫が持っていた一眼レフ、転がったままでもったいないから私が使ってます」と見せてもらった写真が素晴らしかった。

「私も使おうかな」と思い始めました。

私も持っているんです。一眼レフ。
2006年、まだまだ独身で自分で稼いだお金は自由に使える時代に、思い切って高価(私の中では笑)なものを買いました。

それまで旅に山登りにと使っていましたが、2年前のある日「あっ!」と思った瞬間、高いところからカメラを落としてしまい故障。すぐに修理へ出し結構な額を支払って元通りにはなったけれど、それから使わなくなりました。

ママ友さんの影響で一眼レフカメラを2年ぶりに出してみましたが、驚き。
バッテリーが使い物にならず、電源はいらない(-_-)
おまけにレンズフィルターが割れたまま。

息子とビッグカメラさんへ行き、また出費(涙)

でも、せっかく持っているカメラ。これを断捨離する気持ちにもなれないし、使いこなせる自信はないけれどそれなりに使っていこうと思います。

 

息子は最近やっと、部屋に放置してあった自転車にとても興味を持ち始め「お外で!」とリクエストしてきました。

とても楽しそうにしています。

まだ乗りこなせていませんが、自分で自転車に乗っているということが「お兄さん」っぽくてうれしいみたいです。

ぐずっていても、「自転車でお出かけしようか」と声を掛けると「うん!!」と元気なお返事が返ってきます。

息子の長所の一つですが、転んでも泣くのを我慢してます。結構小さい時からそうでした。
本当に痛い時はもちろん大泣きですけれどもね(笑)

 

今日は大みそかなんですね。

よっこいさんは昨日までお仕事でした。
一昨日は午前3時くらいに帰ってきたりと大変疲れています。

お家によっこいさんがいてくれるという状況は私は心の平安が保てるし、息子は大好きなパパがお家にいるー!とうれしいんですよね。

年明けの土日も出勤みたいなので、つかの間の休日となりそうです。

 

今年もお世話になりました。

みなさん、どうぞ良いお年をお迎えください。

そして健康で心穏やかな一年になりますように心からお祈り申し上げます。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

不妊治療 体外受精の採卵

こんにちは。

先月、体外受精の採卵をしました。

体外受精にはいくつか段階があります。

 

まず女性の身体から卵子を取り出します。採卵と呼ばれます。

同時に男性は精子を。

卵子と精子はそれぞれ手を施されたのち培養されて受精卵に。受精卵は細胞分裂をして胚(はい)と呼ばれるかたちになります。

その胚を女性の身体に戻し、妊娠を待ちます。

第一子の時はなかなか体外受精に踏み切れずに頑張ってタイミング法で行っていて、そろそろ2年経ちそうだし体外受精に…と思っていたら妊娠しました。

第二子も2年間タイミング法で頑張りましたが・・・なかなか授からずそろそろ限界かな、と思っています。

ドクターもこれだけジャストなタイミングで続けているのにダメなら体外受精の方が効果的だろうと思っていらっしゃいます。

私も来年は40歳になりますのでそろそろ自分の体力も考えて体外受精に踏み切りました。

 

私が通っている医療機関では採卵時に麻酔をかけることができ、局所麻酔(意識はあります)か静脈麻酔(意識はない状態です)を選べます。

私は体外受精を経験している友人から、採卵は痛みを伴うと聞いていたので迷わず静脈麻酔を選びました。

 

採卵の日を迎えるまで卵子をしっかり育てるため連日注射を打ったり、採卵の前々日の夜9時には排卵させるための注射を打ちに行ったりと、なかなかハードスケジュールでした。

なかでも前々日の夜9時に注射を打ちに行く、というのはわが家には難しかったです。
よっこいさんは連日夜遅くまでお仕事。私が子どもを連れて夜9時に病院へ行くこともできますが息子のことを考えるとそれは現実的には厳しいです。

結局はよっこいさん帰ってきてもらうことができたので、ほっとしました。
私がお風呂と寝かしつけまでを行い、よっこいさんが帰宅してバトンタッチという流れでした。

 

採卵当日、朝8時半に病院入り。

内診や持参した精子を預けて処理してもらったり、血圧を定期的に測ったりしました。

前日夜から水分と食事は断っています。点滴を打ちその時を待ちます。

程なくして手術室へ。心電図を取り付けました。
いつものドクターといつものナースさん、そして麻酔を打ってくださったもう一人のドクター、培養士さんのご紹介があり「最高の状態で卵を預かります、安心してください」といったことを声かけてもらってドキドキが少し収まって。で、静脈麻酔でもう記憶がありません(笑)

目覚める少し前、たぶん「〇〇さーん」とナースさんが起こしてくれる段階だと思うのですが、子宮が痛くて「あぁ、静脈麻酔選んでよかった」と思いました(笑)

しばらくは血圧を測りながら横になって休みました。2時間だったかな?終わるころにはお茶菓子を出していただいて、飲んで食べてから帰りました。

 

先日も少し触れましたが採卵の結果、5つの卵子を採ることが出来ました。

そして、5つのうち受精卵になったものが2つ。

さらに細胞分裂して胚にまでなったものは1つだけでした。

これは統計からみたら少ない結果となってしまって、ちょっと残念ではありました。

 

採卵は11月末に行いました。

卵巣がちょっとお疲れ気味なので、その周期の生理と、12月の生理がくる周期までは体外受精はお休み。

私の1つだけの胚は冷凍保存中!令和2年になった1月に解凍して子宮に戻す予定です。

 

第1子がいる状態で、託児がない医療機関での不妊治療はいろいろと大変ではあります。

不妊で悩む患者さまに息子の姿を見せる訳にはいきません。

私の通っているところは産婦人科と不妊外来が併設してあるため、息子を連れていく場合は産婦人科の待合室で待つことになっています。

時には不妊のドクターがわざわざ産婦人科の待合室まで来てくださって、空いている診察台で問診や内診をなってくれます。

スタッフさんにもご迷惑を掛けながら通院している訳ですね。申し訳ないです。

 

さて、文字ばかり長くなりましたが年末年始の休暇に入っていらっしゃる方も多いことと思います。

わが家はよっこいさんが連日休日出勤をしていまして、今日(12月30日)もお仕事に行くそうです。
息子はパパが恋しくて「パパはどこ~」とソファの下をのぞいて探したりしています(笑)

 

29日の昨日はやむを得ず横浜へ行かなければならず、息子を連れているので感染症の怖い私は電車を使わずわざわざバスを使ったり、人の少ない道を選んで歩いたりしました。

何も罹患していないと良いのですが・・・

朝9時半でしたが髙島屋さんの前にはかなりの人が並んでいて、年末を感じました。
用事を済ませている時にそばにいた方が「高島屋の食品フロアが人で溢れてすごいことになってた」と話されていましたよ。

今日はお正月のお買い物をされる方も多くいらっしゃると思いますが、マスク必須と、着脱しやすい服でお出かけくださいね☆デパートって暑いですもんね、なんでだろ(笑)

では、明日も更新できたらいいな。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

3年連続輩出の名門

こんにちは。

もう年の瀬ですね。早いです!

お正月のお年賀の準備や大掃除をチョコチョコとしたり。忙しい日々です。
お仕事をされている方はもっとお忙しい日々でしょうね。どうぞお身体を大事にお過ごしくださいね。

 

お正月と言えば箱根駅伝!(私は‥)

母校でも何でもないけれど早稲田大学を応援しています(^^)

学生時代に箱根駅伝をテレビで視聴、穏やかだけど力強く5区を走る早大の小林雅幸選手を見てひとめぼれ。

その頃私は陸上部(マネ)で特に中長距離の魅力を知ったころだったので、小林選手の走りは本当に惚れ惚れしました。

走りや表情にお人柄も出ていて、多感な時期の女子学生であった私は「あこがれの先輩❤」といった面も持ち合わせていました(笑)

おっと、また前置きが長くなりました。

 

さて私は先日、なんと!

急性胃腸炎(たぶんノロ)になりました!!

わが家は人が違えど3年連続で急性胃腸炎(たぶん全部ノロ)を輩出した名門校といったところであります(笑)

でも・・・こんなこと言ってもはずかしいだけなのですが・・・

すごく気を付けていたんです。手洗いうがい、ハンドジェル。。。

息子があやしいところを触ればすぐ除菌していたので、私も一緒になって除菌しました(;_:)
なるときはなる、のかなぁ。。。

 

いまのところ私だけですが、
去年は息子が20日に発症、よっこいさんがイブに発症しているのでまだ気の抜けない日々です。

孫に甘いじいじは息子の「これ買うの」に弱い

 

会社勤めされていらっしゃる方は、年内はいつまでご出勤でしょうか。

そもそもお正月休みもないお仕事もありますよね。

インフルエンザがかなりのスピードで蔓延しているようです。ノロにインフルは疲れて免疫が下がっていると罹患しやすいのでご注意ですよね。

そういえば。
オフィス街にあるタリーズコーヒーへ福袋の申し込みをしたら「年末年始は近隣の会社に合わせてお休みをいただいてしまうので〇日に取りに来て下さい」と、クリスマス後の日付を指定されました。

一足早く、福袋がやってきてうれしいのです(^^)
コーヒーブレイクで休み休みの家事と育児をしたいと思います。

こういう大物はしまう場所に困る母。大物はたのしい息子の攻防戦

 

夢中

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

チャレンジ

こんにちは。

 

2年連続で12月に「ノロウィルス」を患っているわが家では、先月あたりから厳戒態勢に入りまして、その1 横浜駅には行かない(息子を連れて)その2 混み合う電車やバスにはなるべく乗らないその3 出先で積極的に手の除菌を行う、と気を付けております。

横浜駅へ行かないのは母さん的にはつまらないのですが(笑)

2年前は息子と私が、
1年前は息子とよっこいさんがノロウィルスに罹患しました。

1年前は正月用のお年賀を購入しに横浜駅へ行ったときのどこかの過程で息子が罹患したはずです。
それしか考えられない・・・

2年前は最寄り駅へお買い物へ行ったときに罹患したはずです。こちらも息子が。
駅前にだけお出かけしても風邪を引いたりしています(笑)

ふー、気を付けたいです。

 

さて私、先月に体外受精の採卵をしました。

結果、5つの卵がとれまして、受精をさせましたが成功は2つ。

そのうち分割が進んでいるのが1つでした。

 

通常、受精卵になるものは採った卵の8割と言われている中で、私は低い確率となってしまいました。

でもこれはめぐりあわせで仕方ないし、1つの受精卵を大切にして移植できたらと思います。

 

体外受精は女性の身体から卵を取り出し(採卵)、男性の精子と「体外」で受精をさせ(受精、培養)、受精卵を女性の身体へ戻す(移植)という過程を経ます。

私が先日行ったのは、卵を取り出しよっこいさんの精子と受精をさせ培養させるところです。

 

医療ってすごいなーと思ったのが、

この受精卵を凍結して保存ができるんですけれど、凍結しないで女性の身体へ戻すよりも、一度凍結して解凍(融解と言います)してから戻した方が妊娠率が高いということです。

私も、生き残った1つの受精卵は凍結をしました。

すごいな、技術。医療従事者の手技。

 

ありがたいです。

家族が増えるといいな、と思います。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ