那須2

那須1の続きです。

こんにちは。

先週末から実家へ帰省していますが、当然自分のお部屋はもうありませんし、嫁いだ身ですので何かと気を遣い(気を遣われもします)実家だけどちょっと疲れています(笑)

さて、那須の二日目はいよいよメインイベントとなるスキー(息子はそり)ですが、今回もマウントジーンズさんに御世話になりました。

暖冬の影響で全コースの滑走はできない状況でしたが、子どもがいる中で朝から晩までいることはできないので私たち家族に影響はありません。

例年、車を停めようとすると臨時駐車場になってしまうくらい混み合う場所ですが、今回は雪不足からか客足が思うほど伸びていないようで第一駐車場に初めて駐車することが出来ました。

 

私たちはゲレンデ内のレンタルショップで息子のウェアを借りました。

スキー(そり)したいよう~とずっと言ってます。
ワクワク、ドキドキが止まらない様子!

去年はすぐに「いやだ」と泣いたので、何だかほっとしました(^^)

キッズパークへの入場は別途代金(3歳以上から大人も一律一人1300円)が掛かります。
よっこいさんはリフト1日券も購入していざ!

という感じでキッズパークでそり1本目をすべりました!!!

が!!!!!

ブレーキを掛けたときに削られた雪がお顔に飛んだのが気に入らなかったようで大泣き(笑)

で、「もうホテルいく」の一点張り。。。

このあと母さんと1本滑るも「もうホテルいく」。

早めのご飯食べても

「じゃ、ホテルいく?」

パパが滑りに行っても「パパ探しに行く。駐車場いく(車に乗ってホテルへ帰るの意)」

終始こんな感じ ↑ で、むくれていまして(^^;)

レストランやショップを探検しよう!とか、シャベルを買って雪でお山をつくろう!とか誘っても「ホテルいく」。

滑り降りてきたよっこいさんがまだ2本しか滑っていないのに「かわいそうだからもう帰ろう」と提案してくれて、帰ることにしました。。。

結局はまあ、お顔に雪が掛ったこともあるし、そんなにそりは自分に合っていないと思ったのもあるし、眠かったのもあるし、と複合的な理由で泣いて駄々っ子になっていたようです。

帰りの車で5分もしないうちに寝ました(笑)

ご所望のホテルでは、すぐにアリーナへ行きたがりました。ここでボール遊びをしているほうが息子には良いようです。

このあと、少しお出掛けしてからお夕飯を食べ、温泉浸かって眠りました☆

 

何度か書かせてもらましたが息子は偏食です。

外食時は本当に困っていまして、この旅でもホテルのお夕飯は息子にはお子さまメニューは頼みませんでした。食べられるものがほぼなかった(>_<)

一日目はアラカルトメニューからから揚げとポテトを注文して食べさせました。
二日目の夜はホテルとご相談して、コンビニで買った塩鯖とカレーをお持ち込みして食べさせました。
カレーは普段食べませんが、この日はなんとか食べてくれました。皆様のご協力に感謝です。。

 

そして今回お世話になったスキー場のマウントジーンズ那須ですが、キッズパークという小学生以下のお子さんとその家族が利用できる有料スペースがあります。
そりを楽しめるエリアと、プラスチック製の遊具が置いてあるエリア、室内休憩室が利用できます。おむつ替えや授乳室もあるので安心です。

左が息子。真ん中の方は右の子のお母さま。息子が突然、お店やさんごっこをはじめ「いらっしゃいませ」と声を掛けちゃいましたが「アイスクリームをください」とのってくださるお優しい方でした。

キッズエリアはスキー場によって内容も異なります。いろいろ行って研究してみたいな。
昨年お世話になった上越国際は雪上を走らせることができるストライダーがあり、結構楽しんでいました。
今、息子は自転車に夢中なので今年行ったらもっと楽しんだかも(^^)/

来年は「スキーする」し、「お誕生日ケーキ食べる」そうなので期待してます(笑)

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ

那須1

こんにちは。

1月下旬に2泊三日で那須スキー旅行へ出かけてきました。
息子はそりでしたが、結果は惨敗。。

ところでスキーウェアの寿命ってどうなのでしょうか。

驚きなんですが、私が着ているウェアは20代半ばに購入したもの。15年は言い過ぎですが、10年以上は着ています。

若い頃は1シーズン多くて3回ほどどこかへ出かけていました。
子どもが生まれてからは1シーズンに1回、しかもスキー滑らず息子に付き合うかたち。

シーズン終るごとにクリーニング屋さんで洗っていただいて、アクロバティックなこともしないので破れてもおらず。
ただ耐水性は落ちていまして、クリーニング屋さんの撥水加工はお高いため自分で防水スプレーをかけています。

経理の世界では「耐用年数」なんて言葉があったり、食品の世界では「賞味期限・消費期限」と分かりやすくありますが、お洋服は流行や機能性・単純にほつれるなど自分の判断でおわりを決めることが多いですよね。

ウェアはそれなりの金額がします。
いま着ているものはデザインや色も流行り廃りがないものをチョイスしたつもりで気に入っていましたのでどうしようかと・・・

さらに言うと、板はとっくに寿命を迎えている。
スキーブーツももう使い物にならないくらいで、これこそ機能性の面から見てアウトです。

総取り換え、が望ましい。

よっこいさんも今シーズンでなんとボードブーツのソールがベロっとめくれてしまいまして、帰宅当日にゴミ庫へ出しました。。セミオーダーのブーツでしたので、ちょっと残念です。。

 

 

さて、那須スキー旅行ですが、偏食息子さんが最近好きになったいちごを持ってお出かけしました。

先日、2泊3日で行ってきました。よっこいさん、遅めのお正月休みといったところです。

車内で朝ごはん。お友だちの影響で食べられるようになったいちご。
スキー早く行きたいよう~と言っています。

3コインズで買ったサングラスを掛けてます。
3歳児のなかでも息子の頭位は大きめと言っても過言ではないですが、ちょうどいいです。

初日は那須に行くたびに必ず訪れている那須どうぶつ王国へ行きました。
最近知ったのですが、ここは皇族の方もいらっしゃる場所だそうです。

去年、雨や雪が降っていても濡れずに見て回ることのできる回廊が出来ました。息子は「トンネル~!!」と大喜びで、この日もはしゃいでいました。

ひろい敷地面積で、移動にシャトルバスが出るほどなのですが、冬季は規模を縮小して営業しています。
近くにスキー場がある程、寒い場所なので納得ですね(^-^;

腹ごしらえは王国内のフライドポテトがあるレストランで。息子が食べられるものを探すのは毎回大変です。トホホ。

何度か記載させていただいておりますが、
那須どうぶつ王国はテーマごとに建物が異なっていて、たとえば「熱帯の森」という施設に入ると熱帯に暮らす動物を放し飼いにしている間を歩いて観察することが出来ます。

またべつの建物には例えば「ウェットランド」という場所には熱帯の湿地に暮らす動物たちを観察することが出来ます。

動物との距離が近く、また、建物の中に入ると温度や湿度、においや音がひとつとして同じものはないので飽きません。

「アニマルスタジアム」ではショーが開催されていますが、現在は「ザ・キャッツ」で本物のねこちゃんたちが多彩な技を披露してくれる驚きとかわいさが溢れるショーになっています☆

ねこちゃんのショーの前に家族写真をパチリ。この度唯一の家族写真(-_-)

ねこちゃんが綱渡り!!!

前列のお客様の膝の上を歩くパフォーマンスもあったりと楽しませてくれました!

このショーに参加しているねこちゃんたちは、わんにゃんリビングという場所で触れ合うこともできるんです。
普段公園ではワンちゃん連れが多いのでワンちゃんにキャーキャー言って喜びぶ息子ですが、ここでは断然「ねこ派」でした(笑)ワンちゃんも同じお部屋にいるんですけどね♪

すごくお利口さんで息子や小さい子どもにやさしく、本当は嫌だろうけれど我慢して触らせてくれて。。ありがとう!

熱帯の森では大好きなカメさんと一緒にお散歩しました。

動物に触れてはいけません。ナマケモノが触れるほどの至近距離にいます。

息子も思わず手が伸びますが、慌てて静止。事なきを得ました。

こういう場所は動物が本当に好きでお勉強をしている方にはとっても良い場所ですね!

ウェットランドは入るとすぐに大きな滝が現れ、圧倒されます。中は温かいです。乾燥した外とは違い、お肌潤う室内。

ここにはジャガーがいるんですけど、縦に長い展示ルームになっていて、行ったり来たりしているんです。

半年前にこちらに来たときのこと。
ジャガーを見つけられずにいた方がいて、お連れ様が「(そこに)おるやんけ」とおっしゃったんです。

その言葉を聞いた息子は、ジャガーは「おるやんけ」というものだと認識しまして、ジャガーを見ると「おるやんけ!!」と喜び言います(笑)あえて訂正しないよっこいさんと私です。

なぜかわかりませんが、息子はクジャクが大好きです。

クジャクさん、この日は頭上に居て下りてきてくれませんでした。遠くから眺め、熱視線を送る息子です。

ちなみに、時間が合うとジャガーさんのお食事タイムを見ることが出来ます。

小さな穴から生肉を入れて棒で押し込むという作業。
飼育員さんが一日の餌の量やジャガーの生態、ここにいるジャガーの性格なども教えてくれます。

 

「保全の森」ではライチョウに会うことが出来るんです~❤

二ホンライチョウです!これは・・メスかな??
人が来ると物陰にササーッと隠れちゃってなかなかゆっくり見ることが出来ませんでした。怖いよね。

こちらはスバールバルライチョウで、全く逃げない、堂々としているライチョウさんでした。
シャッターチャンスをくれる(笑)

私が一番テンションがあがる施設ですが、息子は1分も持たず外に出たがりました(笑)

 

息子のテンションがあがるのはうさぎさん。
冬季は閉鎖されている「王国ファーム」という場所でうさぎさんに触れ合うことが出来ますが、規模を縮小して冬でも触れ合えます。

2017年6月 はじめての家族旅行
2019年5月 那須と日光~那須編~ でも那須どうぶつ王国のことをお伝えしています☆

授乳室完備でお湯もベビーベットも用意されています。おむつ処理機も(男性入室禁止)。

冬場は寒く、防寒必至。夏も日差しが強いので赤ちゃんには日よけが必要です!

 

さて今回のお宿はホテルです。

こちらのホテルにはアリーナ(体育館です)が併設されていて、宿泊者は無料で使用可能です☆

息子に「ホテルの探検へ行こう!」と誘い出して、アリーナへ向かいます☆

ボール(無料)を蹴って遊びましたがはしゃいではしゃいで、本当に楽しそうでした。
ひろい空間と、ちいさなボールなんですが、それだけでも楽しいんですよね。

運動した後のお食事はおいしかったです。

男性陣でお風呂に入ってもらって、私はひとりお風呂に入りました。

久しぶりに温泉の大浴場に入りました。
ゆっくり浸かり目をつぶると日々息子と向き合うときに私の目頭がキッと上がっていることや叱っている場面ばかり思い出す…

明日は別のアプローチで息子と接しよう、と思う日々です。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ