終了さみしい、まれ


こんにちは。

 

NHK朝ドラのまれが先週土曜日、最終回を迎えました。

私は、朝ドラをリアルタイムで見ておらず、録画を何話かまとめて見るスタイルです。

まれの最終回をまだ見ていないのですが、最終話まであと5話という状態です。

 

賛否両論あるようですが、私はこのドラマが大好きです。

主人公のまれさん。

失敗から学び、成長していくストーリーですが、人から恨まれたり厳しい言葉を浴びせられつまずいたり。

激しく落ち込みながらも必死で頑張る姿は、私に勇気や元気をくれます!

このドラマ、とても好きです。

 

私の悪い癖で、好きな小説や好きなドラマの最終回が近づくと、終わることが寂しくなって、続きを見ようとしないところがあります・・・。

すでに朝ドラ「まれ」にその症状が出始めております。。。

 

このドラマとの出会い、実は放映前からありました。

よっこいさんと金沢に行ったとき。

私は輪島に行ったことがなかったので、よっこいさんに連れて行ってもらいました。

それは、北陸新幹線も開業前の昨年11月のことです。

5tk6rjqTDfHVcYK1443412686_1443412704

 

まずは千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイといって、日本で唯一、車で走行OKな砂浜に行きました。

DSC00927

 

日本海をこんなに間近で見るのは初めてで、心の底からうれしかったです!

wzU3jBDg9n79tyJ1443412742_1443412775

よっこいさんは寒そうです(笑)

DSC00935

 

他にも車がたくさんいて、みなさん降りて海を見たり、各々の時間を過ごしていました。

DSC00938

DSC00939k

 

さて、車に戻り輪島へ向かいます。

向かう最中も左には日本海の絶景。
雨が降ったり止んだりのお天気でしたが、それもまた能登の風景であります。

DSC00941

DSC00943

一瞬、太陽の光も見えまして、しあわせな気持ちになりました。

 

そうこうしていると、輪島の「道の駅」に着きました。

ここではお土産タイムとしますが・・・

DSC00940k

 

お土産見ながら「表にあった看板に朝ドラのことが書いてあった気がする」という私に、よっこいさんはただ「ふーん」とだけ・・

で、気になったので戻ってみてみると!!

無題2

やっぱり!!

つぎは輪島なんだね!!漆職人のお話しかな♪なんて話をしていました。

 

さ、車を先に走らせると

大変有名な白米千枚田(しろよねせんまいだ)がありますので駐車場に車を止めて観光です!

DSC00945k

この千枚田は、小さな区画で分かれていて
それぞれにオーナーが付いています。

現地にはオーナーさんの名前が書いてある看板もありまして、見知った名前もかなりありました。

千枚田を散策中は雨は止んでくれていたので感謝です。

 

車に戻りまして、楽しみにしていた塩田を見に行きます!

雨が降り出しましたが、これが能登で有名な揚げ浜式塩田です!

DSC00951k

雨でビニールシートがかかっていました。

 

なるほど、この道具を使って海水を撒くのですね。

DSC00952k

 

お釜の前で記念撮影です。

 

pfrNJJZY4uxsI9d1443412802_1443412869

 

この近くにはちょっとした小屋がありました。

 

小屋の近くには私たち以外に観光客の方が二名いらして、職人さんと思しき方とお話ししています。

そして、その職人さんは私たちも含めて「せっかくだから小屋の中も見学していって下さい」と声をかけてくださいました。

 

小屋は、かん水とよばれるものを釜に入れて煮炊く

「釜小屋」でした。

DSC00955k

「今日は火は入っていないんですけどね」。

確かにぐつぐつしていません。火が入るときっとここはとても暑くなるのだと思います。

 

そして、こちら。釜で炊いた後の工程です。

DSC00957k

この箱の下には管というか道が通っていて、透明の液体がぽたぽたと落ちていて、置いある桶に溜まります。

 

「したたり落ちている液を指にとってなめていいですよ」

 

と職人さんがおっしゃるので、私たちともう一組のお客さんでなめてみると・・・!

 

とっても苦い!!

 

「にがり、なんですよ(^^)」

 

なるほど、にがりなんですね!苦いです(笑)

「もしよかったらお塩も試食できるのでこちらもどうぞ」と案内してくださったショップの中に入ると、お塩ほぼ全種類の試食ができました。

 

私はお塩を購入するつもりでいたので、かなり真剣に試食をしました。そして悩んで悩みぬいて「粗塩」を買いました!

DSC02508l

お肉や天ぷらにつけて、お塩を感じて食べたいなぁーと思ったので(^^)

※当たり前ですが。。後ろのラベルに書いてある原材料、「海水」。純粋です!

 

朝ドラ「まれ」にも、揚げ浜式塩田の職人さんが出てきます。
そして、主人公の弟も塩田の職人さんになるための修行していました。

 

今年は天候不良もあり、塩田のお塩作りは大変だったと思います。

私が購入したところ(輪島製塩さん)のホームページを見ると、品薄となっているようです。

 

自然相手。伝統的な手法でのこのお塩を作ることは大変な労力を必要とするのだと思うのですが、どうか作り続けていただきたいな、と勝手に思うのでありました。

 

朝ドラを通じて、その土地の良さを知ることができています。

つぎはどんな物語なのかな。