検査キッド


こんにちは。

 

よっこいさんと本格不妊治療をはじめて、今月で1年が経過しました。

 

よっこいさんは理系男子なので、言葉や態度には出しませんが、治療に協力的であると思っています。

 

体調悪そうにしていると、絡んできません(笑)

そっとしておいてくれているんだな、と思います。

 

いろいろとありがとう、の気持ち。

大きく持っています!!

pose_kandou_woman

 

そして、不妊治療を開始して間もなく

「精子検査に行ってくる」と突然よっこいさんが言い出し・・・!!

ビックリしました(笑)

 

 

気持ち、とてもうれしかったです。
が、保険診療できるかもしれないなーなど考えて、私が通っているクリニックで検査を受けてもらうことにしました。

 

私の通っているクリニックの場合、
自宅で採取し、2時間以内に持ち込むというものです。

 

土曜日の朝、採取してすぐ病院へ向かいました。

2度行いましたがいずれも精子の活動は良好とのことでした。

 

 

よっこいさんは、医療機関での検査や通販キットを使っての検査を考えていたようです。

通信販売でもあるんだなーとはじめて知ったのでした。

 

さて、いまからひと月ほど前、
よっこいさんがインターネットを見ながら
「これをポチッとしようと思う」と画面を見せてきました。

メンズセルフチェッカーなるものでした。

 

どうやら、簡易的に精子の活動状況を見ることができるとのことで。

 

そういえば・・・
よっこいさんの精子検査をクリニックに持ち込む際、よっこいさんに「自分では見れないのかな」と言われました。

 

実際は、私も見ることができず
バックヤードで顕微鏡を使って検査しているようです。

 

考えてみれば・・・
私は内診台にあがって、エコー画面で自身の様子を見ることができますが、よっこいさんには確認する術はないのだなぁと思いました。

 

そして程なくして、ポチッとしたものが届きました!

DSC02514

 

中は、本体と透明シールと取扱説明書が入っています。

DSC02517

 

説明書によると、本体の赤色の部分にはレンズがあり、ここへ採取した精子をのせ透明シールを上から張る。。

そして、レンズを光の方に向けながら覗き込むと精子が見えるということでした。

 

実際、よく見えました。

のぞきこむと、精子の活動がよくわかりました。

またデジタルカメラやスマートフォンのレンズを、本体のレンズに重ねて撮影もできるそうです。

 

・検査キッドは雑貨であり、医学的判断をするものではないこと。

・避妊に使用しないこと。

 

などの注意点が書かれてあります。

 

あくまで簡易的な検査となるため、判断をしてはならないと思います。

ただ、よっこいさんの気持ちもよくわかります。

男性がどうしても気になるのであれば、本格的な検査の前に・・・はあるのかもしれません。

 

私は、これは一つの生命なのだな、と思いながら見ていました。

精子と卵子が出合い、受精して着床して、おなかの中で育っていく。

当たり前のように妊娠できると若い頃は思っていたけれど、この歳になって妊娠のしくみを勉強すると、本当に神秘だなーと思うのでありました!!

 

おすすめ、というわけではありませんが、

こういったツールもあるというご紹介でした。