きょうの気分


おはようございます。

 

訳があり、お家に缶詰め状態でフラストレーションがたまっております。。。

しかし楽しいことを考えれば気分も晴れるというもので、

そんなときは大好きな歌を口ずさんでみます♫

 

大好きな歌。

それは歌謡曲。

 

 

ジェネレーションギャップを感じてしまわれる可能性が大ですが、

共感してくださる方はいると信じております(笑)

 

 

よっこいさんと私の結婚式は、横浜の港湾が見えるみなとみらいのホテルで挙げました。

wedding_syukufuku

 

親族のみのこじんまりした結婚式でした。

が、これが功を奏し参列してくれた親族から

自分たちがきちんとゲストとしてもてなされていると感じがしてとてもうれしかった、という言葉をもらえました。

この親族の言葉がとてもうれしかった。
なぜなら私はお友だちを呼びたかったのです。しかし親族のみで、と決めた時点から親族にいかに楽しんでもらえるかを、よっこいさんとふたりで一生懸命に考えて作った結婚式でした(^^)

 

でもその結婚式で、よっこいさんとの育ちの違いを私は陰ながら感じていたのです・・・

nozokimi_woman

 

入退場やケーキカットなどの盛り上がる場面のBGM。

これはクラシックの曲から、よっこいさんと私が好きな曲を選んで決めました。

 

歓談時はそれぞれが3~4曲を選んで流してもらいましたが、

この選曲に育ちの違いを感じてしまったのです・・・

 

よっこいさんは、「洋楽」

wedding_hanamuko

ビートルズなど!恐らくお義父さんやお義母さん、兄弟で幼い頃から親しんできたのだろうと思います。

お義父さんとお義母さんはクラシックも聞きますし、よっこいさんはピアノを弾くことができる!

 

いっぽう私は、「歌謡曲」

wedding_hanayome

 

小柳ルミ子の「瀬戸の花嫁」
吉田拓郎の「結婚しようよ」
加山雄三の「お嫁においで」

 

「瀬戸の花嫁」については、十代のころから絶対に結婚式で流すと決めていました。

のこりの2曲も、何か作業するときなどにふっと口ずさむ好きな曲。

 

よっこいさんとふたり結婚式の準備をしていたときに、この育ちの違いになんとも言えない感じを味わったのでした。

 

結婚式でのこと。この3曲を聞いた私の姉は、
歓談の最中に私のところに来て

「この曲選んだの、運動靴でしょ」とニヤリ笑って言ってきました。

 

姉も瞬時によっこいさんとの育ちの違い感じていたんだな、と思いました(笑)

 

 

そして、フラストレーションの塊である今日の私が選んだ曲は

テレサ・テンさんの「別れの予感」。

job_kasyu

 

テレサ・テンさん。

こどもの頃から「プロ」を感じていました。

本当にお上手で安定感がある歌手さんと言えば、私の中ではテレサ・テンさんです。

 

今日はYouTubeでテレサ・テン祭りだ!!

dance_yosakoi_woman