スマートフォンアプリ


こんにちは。

 

スマートフォンの調子が悪かった冬。

「実質0円」が1月31日でなくなる、という報道を知ったので新調することにしたのです。

 

以前の記事↓
携帯電話を新調したい

 

そして新調した今は、すこぶる調子がいいのですが、手にするまで一苦労でした。
ちょうど1月31日は駆け込み需要で、横浜のヨドバシカメラ携帯電話コーナーは人で溢れかえっている状態・・・。

やっとの思いで店員さんを捕まえて、説明を聞いて、在庫を見てもらって、いざ手続きへ!となったら、「ここから2時間待ちです」と言われました(´・ω・`)
gyouretsu

 

それが14時頃のお話し。

で、結局すべてが終わったのは18時40分ごろでした(^^;)

 

みんな立って行列をなしていたのですが、
私は妊娠超初期で体調が不安定だったこともあり、ずっと立っていたら気持ちが悪くなり戻しそうになってしまいました。

冷や汗もすごく、前に並んでいる若い男性が私の異変に気付きちょっとオロオロ(笑)
ここで迷惑はかけられないな、と思いまして、喫茶で待っていたよっこいさんにすぐに電話して並ぶのを代わってもらいました。

 

 

なんてエピソードもありながら、手にした携帯電話。
よっこい家には固定電話がありませんので、携帯電話は大切なのです。

そして、妊娠した今は妊娠系アプリを入れました。

 

お友達おススメ「まいにちのたまひよ」

a1

 

このアプリは、出産予定日を設定すると自分の週数日にあった情報を毎日届けてくれるというアプリ。
出産経験のある友達が妊婦当時このアプリを使っていて、毎日見るのが楽しみだったそうなんです。
いまの赤ちゃんの状態や、この時期気をつけるべきことなど、ちょっとした情報を毎日伝えてくれます。

 

ある日の「まいたま」画面です。

b

 

 

そしてもう一つ、私が使っているアプリがあります。

 

リアル「妊娠・出産sprout」

a2

 

 

このアプリは、超リアルイラストで赤ちゃんの発育状態がわかるアプリです。
出産予定を設定すると、その週数の赤ちゃんの様子が示されるものです。
まずは画像をご覧ください。ある日の画像です。

c

 

画面をタップするとまるっポチが出てきます。

d

 

それでもってまるっポチをタップすると、情報を見ることができます。

e

 

毎週見るのが楽しみなのです!!

いま赤ちゃんはこんなんなんだなぁ、とやさしい気持ちで見ることができます。
このアプリはどんどん先の週数の情報を見ることができちゃうので、楽しみをとっておくためにも今は先の情報を見ることを我慢しています。

が、妊娠初期の頃は先の情報を見まくっていました(笑)

排卵時期からスタートするので、いままだ赤ちゃんを待っている状態の方でも勉強になったりもします。

 

 

どちらのアプリも、見る分には無料です(*^^*)

母に見せたら、便利になった世の中にため息をついていました(笑)
「お姉ちゃんや運動靴を身ごもった時は若かったし、そんな情報ないから手探りで不安な毎日だったよ」と。

 

妊娠して、母の気持ちが分かりました。
私は多くの情報から取捨選択することができ、(それだからこその不安もあったりしますが)安心して何事にも取り組めます。

母の時代はそうではなく、産院からの指示や自分の母やご近所のおばちゃんなど諸先輩の言うことが耳より情報であって、そこにはちょっとした誤報もあったりと、大変だったそうです。

 

パソコンもスマホも使えて、本屋に行けば妊産婦の本が溢れているこの時代。
私は幸せなんだな、と改めて思いました。

しかし、一つの命を無事に誕生させるまでは気が抜けず、「責任」という言葉が常にあります。
その責任感で気持ちが引き締まったり、逆に落ち込んだりもしますが母になりたいと強く思っていた少し前の自分を思い出すと弱音なんて吐いていられません。

 

私の予定日は9月中旬、もう10週切っています。

もうひと踏ん張り、です。