ふたり最後の旅 IN千葉 2


ふたり最後の旅 IN千葉 1

の、つづきです。

 

こんにちは。

暑い日が続いていますが、いかがおすごしですか?
毎年、夏バテをしてアイスやゼリーなどしか食べられなくなる時期があるのですが、今年はしっかりお菓子でカロリーを摂取しているので(笑)、夏バテ知らずです。

 

さて、千葉の旅の続きです。

養老渓谷で涼んだような暑い思いをしたような、とにかくあの怖い道を通って宿へ帰らなければならないので、日が沈む前に帰ります。

 

私たちがお世話になったのは、鴨川にあるペンションです。
こちらのペンションはお夕飯がおいしいようなので、間食せずおなかをすかせた状態でチェックインです。
外観です!海まで歩いて1分。真横に位置します。

DSC042281

 

私が妊婦なので、和室・洋室ある部屋から洋室のベットタイプを選びました。

チェックインして荷物を片付けダラダラしていると、お夕飯の時間です♪

ダイニングへ。。

yo

コースで出していただけます。
最初はチキンとじゃが芋のクリームソースオーブン焼き。

よっこいさん、いただきます、を待っているの図(↑)。

 

おいしそう!!!
DSC04207

 

スープです。
コンソメスープかと思いきや、ピリッと辛さも感じます。

味音痴なので辛さの追求はできませんでしたが、この辛さが好きです(^-^)

DSC04208

 

お魚料理!
鮭のソテー、濃厚なバターとガーリックを感じるソースが合います。
このソース、パンにつけて食べたい!と思いましたが、どうやら炭水化物は次のお肉料理と共に出るようです。

DSC04210

 

早く食べたい私。

un

 

次はお肉料理です。
今回はチキンソテーにデミグラスソースがかかっていました。
ご飯もついてきました!よっこいさん、炭水化物待っていました!!

DSC04211

 

そして、デザートは苺のアイス。
さっぱり系です。おいしい(*^_^*)ペロリです。

DSC042121

 

食後のコーヒーを堪能するよっこい氏。満足げ。
yo2

 

私も大満足!

この後お部屋に戻って、ふたつある広いお風呂の一つをお借りして(貸し切りにできます)お風呂を済ませました。

 

よっこいさんは、お家から持ってきたパソコンでベットの上でちょっとお勉強。

私は妊娠後期の悩み、ひどい足のむくみのケアをするのですが。一向に良くならないむくみ。すでに放置状態です。

そしてこちらもなかなか治らない皮膚炎の薬をつけて、壁を拝借して足を休ませます。

DSC042151

 

テレビを見ながら、私うたた寝しちゃいまして、気が付けばもう12時近く・・・この日は就寝です。

 

翌朝も目を覚ますと良いお天気で、朝食の時間までまだ時間があったので歩いて1分の海までお散歩に出かけました(^-^)

 

「足元気を付けて」
asa

 

「あっちへ行ってみよう」
asa2

 

魚、見えるかしら?
DSC042251

 

うん、見えない!
asa3

 

残念ながらこの位置からお魚は見えませんでしたが、近くには釣り人が魚待ちをしていました。
さて、そうこうしているうちにもう朝食の時間!

朝食もおいしそうで、テンションが上がっちゃいます!
DSC042291

オムレツの形が、さすがプロって感じで、お家でオムレツを作るのが恥かしくなるくらい形が素晴らしいし、味もクリーミーかつしっかり味が付いて具も混ぜてありおいしいです。

よっこいさん、フォークが止まらない!
asa4

 

このあと私たちは鴨川シーワールドを予定しているのですが、
ディスカバリーガイダンスという有料プログラムで、イルカに触れたり、一緒に写真を撮ったりといくつか体験できるものが用意されています。

これは、繁忙期は開園前に行って整理券をゲットする必要があるらしいのです。

 

ペンションの朝食が8時。

鴨川シーワールドの開園時間は9時。(時期によっては8時半もあります)

急いでご飯を食べ、チェックアウトして向かっても、9時ちょうどくらいの到着になりそうです(*_*)

でもあきらめられない私。早食い得意だし、もう荷物もまとめてあるんだもん!

 

ということで、鴨川シーワールド駐車場に到着!時間は8時56分(笑)

急ごう!!

DSC042321

 

係員さんに聞きます!

「有料プログラム受けたいのですが、どちらに並んでいますか??」

 

係員さんが言いました。

「今日は整理券を配布したのです。すでに配布し終えています」

「ただプログラムに空きがあれば、当日券を購入できます」

 

えぇ・・・と思ったけれど、なに!!!当日券!!とテンションが!!!

 

開園後、10時40分に所定の場所で並ぶと、当日空きのあるプログラムがあれば購入できるというものなのです。もちろん、空きがない場合は受けることができません。
特にイルカにタッチなど、人気が高いものは朝の時点で売り切れるので見込みはないのですが、とりあえず並んでみない事にはわからないので、いくつか見学したら当日券求めて並ぶことにしました。

 

開園待ちの列ですでにこのような列。
ks

夏休みを感じます。

 

さて、我々は最初にイルカショーを観ることにしたのですが、途中マンボウがいました!

ks1 ks2

マンボウの正面の顔ってはじめて見ました(笑)

 

イルカショーは屋外。
この日はとても暑く、人間たち(特に大人)は朝からぐったりです。

元気なのは子供たちと、賢いイルカさんです。

ks31

 

この跳躍力、迫力あります!!

ks4

 

よっこいさんも笑顔(^-^)

ks5

 

さ!次に行こう!!

と言いたいところですが、10時40分の有料プログラム当日券販売の列に並ぶべく、所定の場所へ行くと「10時くらいに立て看板を出すから待っていて」とスタッフさんからのお話がありました。

私たちは意気込んで9時50分くらい行っちゃったんです。

おとなしく待ちまっていると、立て看板が出たので一番乗りで並びます。

 

結局、イルカと記念撮影と、笑うアシカと記念撮影をゲットしました(^-^)
よかったぁー。

イルカにタッチしてみたかったけれど、それはまた今度にします!

 

さ、ゲットもできたし

次は名物のシャチのショーに行きましょう!!

よっこいさんはサメが好き。シャチも好き。

シャチは海のギャング、と呼ばれているんだよ。クジラも襲うことがあるんだよ。と教えてくれます。

DSC042591

 

白と黒でこんなにかわいいのに、
体長は6~7メーターもあります・・・(笑)

 

巨体なのに、よく動く!

とても賢くて、トレーナーさんとの信頼関係もきっと築けているんだろうと感じる息の合った演技を披露してくれます。

DSC042641

 

DSC042811

 

そしてこのショーの見どころの一つ・・・

シャチが「わざと」観客に水をかけます(笑)

サマースプラッシュと言うのだそうです。

 

ショーが始まる前から、スタッフさんが注意喚起します。

特に水がかかるエリアには重点的に。しかもポンチョの売り子さんも登場。飛ぶように売れます。

ホームページに画像がありました(^-^)

http://www.kamogawa-seaworld.jp/event/eventinfo/swim_bst.html

 

 

こんな風に飛んで・・・

DSC042751

 

 

こんな風に観客へお水がかかります・・・

DSC042711

↑青い色のビニールをかぶっている方々はポンチョ購入者。

写真はほんの序の口で、もう前から4~5列目の方々はショーが終わるころには本当にびっちょり、洋服からお水がしたたり落ちるくらいの水をかぶっていました(^^;)

DSC042781

 

 

シャチは大きい。

しかし、芸達者。尻尾でボールをポンッ!

DSC042801

 

シャチ2頭とトレーナーさんふたりが息をあわせてジャンプ!!

DSC042791

もうみんなうっとりでした。

 

よっこいさん、「シャチ、かっこいいな」を連発でした。

ks7

 

私も、名古屋港水族館でも見た記憶がありますが、改めて好きになりました。(*^_^*)

 

さて、この後はベルーガという北極の冷たい海に生息する優しい生き物のショーを観ました。

ベルーガはおはなし上手でした♪

DSC042931

 

サメも見れたし、アシカショーも満喫!

DSC042981

 

DSC04310

 

ボールを器用に操る姿は愛らしいし、賢さにあっぱれ。

DSC04314

DSC04315

 

 

一日いても飽きない、見どころたっぷりの鴨川シーワールド。

夜の水族館を巡って海洋生物の生態を勉強するツアーもあるそうですよ。
スゴイですよね、なかなかあることではないので海の生き物好きなお子さんがいる方はいいかもしれません。

 

水族館の最後は有料オプションでゲットした記念撮影です!

ks8 ks9

暑い中、頑張ってくれたイルカとアシカには感謝です!

 

もう夕方。そろそろ横浜に帰ろう

 

遊び疲れた我々。

お夕飯は海ほたるで済ませました。

ks9

 

横浜に帰ってくるころにはすっかり日も暮れて、ベイブリッジのブルーライトがきれいでした。

京浜工業地帯のオレンジのひかりも、帰ってきたんだと思わせてくれます。

DSC04340

 

ふたり最後の旅が終わりを迎えようとしています。

私はとっても寂しくなってしまって、よっこいさんに一つ提案をしました。

それは、この日から三日後に予定している日帰りの箱根旅。これを一泊旅行にしたいと。

よっこいさんは快くOKを出してくれました。

ということで、ふたり最後の旅 IN箱根 へとお話は続きます(笑)

 

余談

帰ってきてから互いに日焼けチェック。

よっこいさん、Tシャツ脱いだのにもう一枚着てるの?と見間違うくらい日焼けしちゃいました(笑)

DSC04341

 

ふたり最後の旅 IN千葉 2 おわり