ふたりホントに最後の旅 IN箱根・伊豆 2


こんにちは。

ふたりホントに最後の旅 IN箱根・伊豆 1

のつづきです。

 

出産まであとひと月ちょっと。

時々足の付け根がキーンと痛んで、歩いていても立ち止まってしまうほどです。
そして、もっとも困っているは下半身のむくみです。

足の甲はぷっくりと盛り上がり、足首なんてもはや無い状態。
膝の上も盛り上がって、歩くたびに皮膚が擦れます。

そして、パンパンに腫れているので痛いです。

DSC0456

立ち止まっていたり、座ったり、あまり動きがない状態だとひどくなります。
お料理を作っていたり、雑巾がけをしているとどんどんむくんでしまいます(^^;)

しかし、朝から検診などで歩いているとむくまず、ドクターに相談しても「いまはむくんでないようだけどね、マッサージしてください」で終わってしまう悲しい状況。。。

 

むくんで痛く歩きづらいし、靴に足が入らず1足を除き全滅になりました(;_;)
どうしたもんじゃろのう。

 

 

と、愚痴が止まらないですが、
よっこいさんと家族が増える前の最後の旅行に出かけた続きです!

 

我々は観光が一部再開された大涌谷へ向かっていたのですが、駐車場につながる道が大渋滞を起こしていました。人気観光施設なんだなぁ、と改めて感じます。

DSC04389

 

この日も暑く車内はクーラーをつけていましたが、窓を開けるとほのかに硫黄の香りがしました。
近づいている!もう少しがんばろう!!
私もがんばれ!もうすぐお手洗いに行けるぞぅ!!!

 

さっ!駐車場です。

入り口の係員さんからこんな紙をいただきました。

DSC04390

 

火山性ガスが発生しているので、身体が弱い方や持病がある方は観光できない事が書かれてあります。妊婦の方も車か降りない選択も考えるようにと書かれてありました。

自己責任、で観光を続行することにしました。

 

駐車場から見る大涌谷です。

o1

 

硫黄のにおいが一層強くなりました。もくもくと煙が上がっています。

昔は山の中腹辺りまで伸びた道を歩いていけましたが、そこは通行禁止となり散策できません。
駐車場の周りにある広場までが観光できる場所です。

DSC04391

DSC04393

 

生きた山、です。

DSC04396

 

さて、お昼ご飯らしいお昼ご飯を食べていない私たちは、
寿命を延ばすという黒たまごをいただくべく、お店へ向かいます!

 

黒たまご、5個入り500円。黒たまごはばら売りしていませんので、みんな袋単位で購入です。

ジャン!

o2

 

ここに座っていただきます(笑)

DSC04397

 

よっこいさん、お味はいかが??

o3

 

しっかり黄身まで火が通っている卵でした。
なんだか、いつも食べるゆで卵よりおいしい!温泉で茹で上あげているかでしょうか(*^_^*)

よっこいさん3つ、わたし2つ。水分欲しいです(笑)

 

恥かしがり屋さんの富士山と私、で記念撮影です。

o8

 

 

さて、今夜のお宿は三島にあります。

芦ノ湖から南下する国道1号線を通って三島入りです。
でもまだチェックインするには時間が早い、ということで、よっこいさんといろいろと考え中伊豆の浄蓮の滝を目指すことにしました!

 

夏場に運転するとき、右手が焼けるようにあつくなってこまっていたよっこいさん。

ここ数年はこの対処法でしのいでいます。私の手ぬぐいコレクションの中から1枚を選んで腕に掛けるだけ(笑)直射日光が当たらないので、だいぶ違うと思います。

o9

 

中伊豆を順調に走って、浄蓮の滝の駐車場に着きました。

駐車場には青年と踊子像がありました。
川端康成さんの代表作、伊豆の踊子は好きな小説なので何だかうれしいです(^-^)

DSC04404

 

 

駐車場から浄蓮の滝まで続く道です。少し先に進むと・・・ちょっとびっくり\(◎o◎)/

DSC04405

 

 

急な感じ、伝わりますでしょうか・・・?
お年を召した方、まだ小さいお子さま、妊婦さんにはツライ急峻な坂&階段がつづいています。

DSC04409

 

行きはよいよい、帰りはこわい。

よっこいさん、気合を入れます!!!

o10

 

私はおなかの子にがんばって、と声をかけました。

o11

 

下るのも大変な運動量・・・

頑張った先にあったのは、とっても立派な滝でした(^^)/

DSC04417

 

石川さゆりさんが歌う、天城越えの歌碑がありました。

もちろん、小さな声で歌います(笑)

DSC04413

 

そして、滝から流れた水が注ぐ川の横にはわさび田が!!

なんと素晴らしい景色・・・

DSC04418

きれいな清流でしか育たないというわさび。
はじめて見たのはまだ幼い頃、ここ中伊豆でした。

そして大人になってからはSちゃんと行った長野・安曇野の大王わさび農場でも見ました。

 

ステキな風景ですね。
わさびはお刺身や湯葉などにつけていただくものと思っていましたが、ある日見たドラマ「孤独のグルメ」で五郎さんが焼肉につけて食べていたのを見て、おいしそうで真似をしました。

わさびの使い方って、本当に多岐にわたりますね。
わさびドレッシングも大好きです。

 

よっこいさんはわさび田を見ながらも、やっぱり水の中の生き物が気になって川を覗きます(笑)
o12 DSC04419

みて、あそこに魚がいる!!

とよっこいさん。ほんとだ、魚!!清流はお魚にとっても生きやすい場所のようです。

 

水量がとても豊富です。
数日前に行った千葉の養老渓谷の滝と比べちゃって、ちょっと笑ってしまいました。
でもきっと、いま行けば養老渓谷の滝の水量も豊富なはずです。

DSC04423

 

滝、すばらしかったです。

本当に来てよかったなぁ、と感じました。

帰りののぼり坂&階段を頑張ねばならぬのですが(*_*)

 

さて、私たちが三島でお世話になったホテルは、ニューかのやさんです。

私たちがチェックインしたとき、親子連れで泊まっている方を2グループほど見かけました。私たちはツイン1ルームでしたが、どうやらファミリーでも泊まれるお部屋もあるようです!
お部屋の写真は撮り忘れましたが、掃除が行き届き快適に過ごせました。
部屋着、タオル類が揃い、ユニットバスがあります。そして建物2階には大浴場もあります!私は妊婦でご一緒する方に申し訳ないのでお部屋のシャワーを使いましたが、よっこいさんは大浴場へ。広さはこじんまりしているそうですが、やっぱり足を伸ばして入るお風呂は気持ちいいですよね(^^)おススメです!

DSC04435

 

お夕飯は、お宿のおかみさんおすすめのお店「呉竹」さんに伺いました☆

DSC04424

 

こちらは有名人のサイン色紙が何枚も飾られていました。
有名なようです。

 

メニューは三島うなぎはもちろん、お刺身、一品料理、お酒もあります♫

よっこいさんは三島うなぎをいただきたかったので、ご膳。
DSC04429

 

おいしそうなうなぎです!
DSC04430

 

これだけでは足りないよ、お刺身も追加注文!
これもおいしそうです(*^_^*)私も無事産んだら食べたい!

DSC04426

 

さて、私は妊婦ですのでうなぎや刺身は控えて、かつ丼でもいただこうかと思ったのですが。

実は「三島グルメ」のワードでインターネット検索したときに出てきた「三島コロッケ」が気になっていたのです。恥ずかしながらはじめて知った次第でして(^^;)

三島コロッケ定食、がある・・・。こ、これだ!!これください!!

DSC04427

 

さっくさくの衣、味のあるおいもでホックホク(*^_^*)
とってもおいしいです!ソースもよく合います!!

DSC04428

 

三島市のホームページによると、三島コロッケとは
・箱根西麓でとれた三島馬鈴薯を100%使用。
・仕入先を確認して認定。中に入れる具や形は民間の創作とする。

認定されたお店でしか味わえないようです!!
ホームページに認定店が載っています。もちろん、呉竹さんも認定店でした(^^)

 

お家で食べるコロッケとは別物。これは本当においしい、おかずになるコロッケでした☆
ごちそうさまでした!

 

つづく