出産体験2 本陣痛と戦う


こんにちは。

出産体験2では、本陣痛を迎えたときの様子を記載させていただきます。

 

出産体験1 陣痛がやってきた もどうぞご覧ください。

 

陣痛タクシーで病院へ向かったよっこいさんと私。

病院へは20時過ぎにつきまして、すぐに内診台へ通されました。

 

内診してもらった結果、まだ子宮口は1センチくらいの開きであることが告げられました。
1センチではまだまだなので、このまま帰されちゃうのかな?と思っていましたらなぜか、病室へ通されて、病衣も渡され着替えるよう指示が。

 

「私は入院ですか?」と伺うと、「そうだ」との答え。

 

どうやらこのまま入院して、子宮口が開くのを待つようです。
よっこいさんには一度帰宅してもらうことになりました。

 

病室は一部屋に4人の相部屋を希望していましたので、相部屋に通されました。

相部屋は部屋の左側、右側それぞれ2台ずつベットが置かれていて、ベットとベットの間は背の高いパーテーションで仕切られ、さらにカーテンで完全に個室と化します。もちろん音は漏れてしまいますが(笑)

dsc04789

先に二名の方が入院なさっていて、どうやらもう出産を終えお母さんになった方々のようです。

 

私のお隣の方は母子同室が始まっていて、赤ちゃんの泣き声が聞こえます。
もう一名の方は、赤ちゃん別の場所いると思われ、定期的に授乳に行っているようでした。

 

入院した病院は21時消灯でありましたので、私が病室に通されたときにはすでに灯りが落ちていました。
私はその二名の方に迷惑にならないよう声を殺して陣痛に耐えていましたが、夜中の3時にはすでに吐く息「ふーふーふー」と声を出さずにはいられないほどの痛みになっていました。

 

痛みをやり過ごすのに、私は病室の天井についている点滴用(?)のフックを順に見つめながらでした。ふーふーふー、でみっつあるフックを順に見る(笑)

tenjyo

 

ベットに横なりながらも陣痛の間隔を携帯アプリで計っていたら、夜中0時だったか1時だったか見回りに来てくださった助産師さんが「アプリに入力する元気があるうちはまだまだ(笑)出産前の陣痛はそんな余裕はないですよ」と・・・

もうすでにかなり痛いのに??(゜o゜)

 

それから数時間後、また別の助産師さんがいらして「陣痛の間隔は気になると思うけど、そちらに集中するよりもとにかく陣痛の合間で数十秒でもいいから眠りましょう!体力勝負ですよ!!」と携帯も置いて、枕もとの灯りも消されてしまいました(笑)

 

真っ暗になっても、痛いものは痛いく
眠れぬ夜を過ごしました。

朝6時半ごろ、同室のママお二人は朝食が配布されていました。
良いにおいが漂いますが、「食べたい」とか「おなかがすいた」なんて気持ちはこれっぽっちもなくて、とにかく痛みに耐えている状態。。。ふーふーふー、の息は相変わらず声に出てしまいます。

 

助産師さんが来ておっしゃいます。

「運動靴さん、痛みに耐える声が出ちゃってますから陣痛室に移りましょうね」

 

はい、夜中のうちに移りたかったです。ぜひ陣痛室へ早く移動させてください。と言いたかったのに痛みでうなずくのが精いっぱい。

陣痛室は同じフロア内にあって本当に近い距離なのですが、陣痛中に歩いて向かうときには5分以上かかりました。痛みの波が来ると、歩みが止まってしまうのです。

 

付き添って歩いてくださった助産師さん、歩みをあわせてくれて、息の吐き方もリードしてくれて私は助産師さんの息の吐き方を真似して痛みをやり過ごしながら陣痛室へ移動しました。

 

本陣痛は子宮の芯の部分がグーッと強烈に痛む感じです。

言葉にすると何だか軽々しい感じになってしまうのですが、かなりの痛みでした。
何かに例えることができない、初めての痛みです。

 

痛みの波が来ると、呼吸が早くなって「ふっ、ふっ、ふっ、ふっ」と息をしたくなります。

しかしそれだと呼吸が浅くなり過呼吸になってしまうので、周りにいる助産師さんが「呼吸は長く!ふー、ふー、ふー!!」と注意してくれます。

意識して呼吸を長めにしますが、それでも数分するとまた短くなってしまい(笑)
そのたびに助産師さんがリードしてくださいました。

 

よっこいさんには立会出産をお願いしていたのですが、
わたくし、入院するときよっこいさんに「明日は普通にお仕事行っていいよ、たぶん午後になるよ」なんて言ってました。

しかし切れ者のよっこいさんはちゃんとお仕事を休んで出産に備えてくれていました。朝8時すぎ、病院からよっこいさん宛てに連絡があり、よっこいさんは病院にむかうこととなったそうです。

 

さて、陣痛室に通された私ですが
実はそこは分娩室で、フラットなベットだと思っていたそのベットは戦隊ロボットのようにパーツが外れたり、形を変えて分娩台に大変身。

 

medical_syussan_bunbenday

 

手術着に着替え、足も開き、よく見る出産シーンと同じ体勢に。

ここからが長かったです。

 

あの陣痛の痛みが数倍になり、間隔も狭まってやってきます。

 

まだ出産までに時間がかかるけれど、ご主人入ってもらいますか??

と、助産師さん。

いま来てもらってもよっこいさん困るだろうし、私もどうしたらいいかわからないので「まだいいです」とやっと答えました。

 

痛みで時間の間隔がわからないのですが、
そのあとよっこいさんが分娩室に登場!私の額の汗をぬぐったり、うちわであおいだり、飲み物を飲ませてくれたりサポートしてくれます。

私はいよいよ分娩の時間を迎えていました。

 

つづく・・・

 

併せて御覧ください。

出産体験1 陣痛がやってきた
出産体験3 いよいよ出産!
出産体験4 後産
出産体験5 母子同室
出産体験6 授乳

ブログランキングに参加しています(^-^)