帰る お別れの日


こんにちは。

 

9月28日に男児を出産し、

10月4日の退院の日からお世話になっていた実家。

 

今日からよっこいさんと一緒に住んでいる、自宅へ帰ります。

 

数日前から父も、母も、姉もさみしそう。

何かと息子の面倒をみてくれていた三人。

「もう少しいればいいよ」と声を掛けてくれます。

 

何だか私も寂しくて、

親孝行のつもりで実家に帰ってきましたが、

かわいがってくれるのでもう少し長くいようかな、と帰る時期を一週間先延ばしにしたのがいけなかったのか、お別れが寂しくなってしまいました。

 

ただ、お出かけ好きの母には迷惑をかけました。

私と息子のためにこの1ヵ月近くずっと家事と食材のお買い物と、あやしたりおしめを取り替えミルクを作って飲ませたり。働きずくめだったので、親孝行というよりも親不孝をしたような。

 

さみしいけれど、

お別れではないから。近くだし、すぐに会えるから。

 

monchicchi

 

神の手

と私は言っていますが、グズッて手に負えない息子を母が抱くと泣きやみ、そしてすやすやと眠ります。

 

結婚が決まってお家を出るときも、一人でお部屋で泣いたけど、今朝もやっぱり涙が出てきて、お乳が欲しいと泣く息子と一緒になって泣きました。

 

成長を見守ってね、おじいさん、おばあさん、おばちゃま。

 

モンチッチは姉が息子へプレゼントしてくれました。

息子と同じ体重なんですよ(^-^)

思い出ですね。