授乳クッション


こんにちは。

 

息子は11月末で2カ月になりました。

どんどん大きくなる身体。泣き声も変わってきました。
あーうー、と声を出すようになり、親としてはお話ししているようでうれしくなります。

m

 

さて、以前載せた話題『授乳クッション・ツレるおなか・・・』にあるように、授乳クッションは入院先で使っているものを参考にしようと、事前に準備はしませんでした。

みなさまに私としてのおすすめは、やはり入院先で使うものを参考にした方がいい、ということです。

 

私がお世話になった病院で使っていたのは、アズワンナビスのクッションでした。

 

こちらのクッション、かなり使いやすかったです!

クッションは大きめ、しっかりした厚みがあり赤ちゃんの身体が安定して乗ります。そして、沈まずきちんと支えてくれます。

中はビーズですがふにゃふにゃせず、ずっしりぎっしり詰まっているといった感覚。

 

実はこちらのクッションを購入しようと本気で思っていました。

が、実際は入院先で使っていたものとは違うものを、入院中にネットでポチッとして購入しました。

購入したクッションは宣言通り「ナオミイトウ」さんの授乳クッションです!

 

もともと購入しようと思っていたこのナオミイトウさんのものは、病院のそれよりも一回り小さいのですが、使ってみた上でもう少し大きいものが欲しい!となったら購入を検討してもいいのかな、と思いまして。
とりあえずナオミイトウさんを購入しました。

ただ、入院中は目の前にすばらしいアズワンさんのクッションがありましたので、このクッションの大きさや硬さを参考にして改めてナオミイトウさんのクッションを検索したり、他のクッションも参考に見たりしました(^^)

 

ナオミイトウさんのクッションですが、中身は綿です。
綿といえども、やわらかくて沈むようなものではなく、しっかり固めで赤ちゃんを乗せても沈まないです

約2カ月、頻回使用していますが全く型崩れせず。カバーも洗えますので、赤ちゃんが吐いてしまった場合でも安心ですね。

ウエスト部分はわりとしっかり食い込む感じなので、赤ちゃんを左右に動かす動作をしても、クッションが一緒に付いてくるといったことはありません。そこも使いやすいポイントです!

 

ちなみに、私は代えのカバーは購入していません。

例えば汚してしまい洗っても、遅くても翌日には乾いてきれいになったカバーを使えますし、洗濯している間はバスタオルでも巻いておけばいいな、と思ったからです!

 

n
普段はソファの背もたれ部分に引っ掛けてあります(笑)

 

妊娠中このナオミイトウさんのクッションをネットで検索していて、購入しようと思っていたのでいま手元にありますが、何も調べていなかったら病院が使っていたアズワンさんのクッションを購入していたと思います。

それほど、このクッション達はよいのです!(^^)!

 

もし、授乳クッションで迷っていらっしゃるようでしたら、のぞいてみてください。

 

 

併せて御覧ください!

授乳クッションのその後