今日から3カ月 寝かしつけ


こんにちは。

 

今日から息子は3カ月です。

今朝は2カ月の振り返りを手帳にせっせと記入しました。

 

2カ月はわたしと息子にとっては寝かしつけに変化があった月でした。

 

寝かしつけには本当に苦労していて、
5キロを超えた彼を夜2時間近く抱いている毎日は心も体力も奪われました。

やっと寝かしつけても、また3時間おきに起きて泣きはじめる。
そのたび私は「あぁ、いまから2時間は眠れないのか」と気持ちが沈みました。
心が乱れ始めて、よっこいさんに対しても余裕を持った対応が難しくなってしまいました。

 

しかし、救世主が現れました。

横浜市の訪問員の方が来てくださり、「添い乳」の方法を教えてくれたのです。

 

「添い乳」の存在は知っていましたが、癖になるからやらなーい。と思っていて、完全に忘れていましたが、訪問員の方が実際に寝室で息子と私にやり方を教えてくれたのです。
「重くなった子供を一晩中抱いて寝かしつけは大変でしょう」と。

何でもいいから抱っこ以外の寝かしつけをしたくて、手も腱鞘炎のようになっていたのでその晩から添い乳開始。

何と楽なんだろう!!!と本当に涙しながらうれしかったのでした。

 

それから3週間ほどしたとき「添い乳って卒乳の時どうするのだろう」と考え始め、調べてみると”寝る=添い乳になっているので、添い乳をやめると一晩中泣いて寝ない日が一週間ほど続いた”とか、”夜中に泣きながら洋服をめくっておっぱいを探す姿に、かわいそうで涙した”とか・・・。

読んでいるだけで泣けてきて、こんな思いを息子にさせるのかと、ひとり大泣きしました。

 

何で添い乳をはじめてしまったのだろう。

息子にまたかわいそうなことをしている。と後悔の嵐。

どうしたらよいのかわからない。

よっこいさんに相談したら、よっこいさんは「あの時は添い乳がベストだったんだじゃないの?だからよかったんじゃない?」とあっさり。

 

そうだった。

あの時はあの時で、私はとっても困っていて、添い乳というコレをすれば寝てくれる!という技を得たことは大きなことだったんだ。

 

だからまたステップアップでちょっとずつ自分と息子のベストを探していこう、と前向きな気持ちになれました。よっこいさん、ありがとう!

 

寝かしつけは大変苦労していましたので、よっこいさんが本屋さんでこんな本を買ってきてくれました。

 

 

この本にも本当に救われました。

すぐ実践できる内容のものが書かれていて、実践し始めて一週間ほどで効果が出ました。
内容は詳しく書きませんが、3つのことを実践するだけ。

これをやり始めたら、寝かしつけの時間が2時間が1時間半、さらには1時間をきるようになり、また早い段階から昼夜の区別がついたようでした。
朝、起こした時も泣かずに笑顔で答えてきます!(^^)!

そしてこの3つのことに加え、私は添い乳をしていたのですが、改めて本を開くと添い乳についても記載が。読んで決心。思い切ってやめることにしました。

 

12月17日の夜から添い乳をやめました。

お風呂に入って、ベッドルームで授乳。

その後ベッドへ横にすると、息子は乳を探しているようでした。

私はとにかく、息子に私がそばにいると分かるよう身体を寄せて、おなかを一定のリズムでぽんぽんとし続けました。

この間、息子はもちろん大泣きですが、50分ほどしたときふっと泣きやんだのです。そして強くこぶしを作っていた両手が、静かに力が抜けていく様子を私は隣で見ていたのでした。

添い乳なしで寝入りました。しかし眠りは浅いのでしばらく(30分ほど)横に寄り添っておなかをぽんぽん。

 

これを三日間続けると、もう寝入りはぽんぽんなんだ、と認識したようで、授乳後30分ほどワンワン泣いてスッと寝入るようになりました。そしておなかぽんぽんは30分ほどつづけます。(おなかがちょっとでも空いているともっと時間かかるのですが(笑))

 

そして、添い乳をやめてから息子は夜8・9時頃から朝7時まで一度も起きずに眠れるようになりました(ここ三日間ほど続いています)。

奇跡なのかもしれないけれど、成長を感じます。

 

私は息子のことでうまくいかないと、あたふたして余裕がなくなってしまうのですが、冷静沈着な理系よっこいさんがいてくれるおかげでバランスとれています。

3カ月を迎え、この一月もきっと成長があるのだろうと思うと少し楽しみです。

 

さぁ、今日はこれから予防接種2回目です!

病院最後の日だから避けたかったのですが(副作用出たときに翌日行けないので・・・)、今日にセッティングとなってしまい(^-^;

1回目の予防接種は副作用出なかったのですが、今回も出ませんように。。
よっこいさんはお疲れ様会で今日は遅いし・・・。

 

息子よ、がんばれ!

そして、頼りない母だけど3カ月のあなたを全力サポートしますのでよろしくお願いします。