残念、節分


こんにちは。

 

2月3日は節分でしたね。
駅前へお買い物に出ましたが、お豆や恵方巻が売られていて賑やかでした(^^)

setsubun_ehoumaki_boy

 

さて、節分はもともと中国から伝わったものです。

むかし、中国では大みそかに邪気や疫病を打ち払うために、鬼の面を被った人を桃の木でつくった弓矢で打つ、という行事があったそうです。

setsubun_aooni_angry

 

それが日本に伝わり、大みそかの行事から次第に季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前日の「節分」へと変化。

さらには立春の節分のみになっていったそうです。

お豆は「福豆」といって、その豆をまくことで邪気を追い払い、自分の歳の数だけ食べることで病に勝つ力がつくと考えられたのだそうです。

setsubun_akaoni_mame

 

なるほど、私は年中豆をまきたいです(笑)

 

わが家、節分は毎年行います。

理由は私がお豆が好きだからです。あの素朴な大豆を煎っただけのもの好きですし、まわりに砂糖がまぶしてあるものも大好きです(^^♪

大豆が食べたいから毎年この季節は忘れずに豆を買いますし、
買うということは豆まきをするということなのでした(笑)

 

今年は息子がおりますので、
豆を買ったお店で紙でできた鬼の面をもらいまして準備万端でした☆

 

しかし・・・

よっこいさんが仕事のお付き合いで豆まき不参加(._.)

 

日中はたまたま、私の母がお家に来てくれることになっていたので母と息子と私の三人で豆まきをすることにしたのです。

 

私が鬼になり、息子に豆を投げる仕草を母が行う、という形で(^-^)

setsubun_mamemaki

 

それなのに・・・

鬼の面が・・・ない・・・

どこかにしまい込んでしまって、いくら探してもないのです。

 

残念ですが、鬼の面無しで記念撮影だけをして、あとは運動靴母さんがおいしく豆をいただきました。

私の母と息子です。初めての節分です。

setsubun

 

来年はよっこいさんが鬼の役、私と息子で豆をまきたいと思います!