離乳食スイッチ


こんにちは。

 

やる気スイッチ、よっこいさんはギョウザ。
(ほかにもありますが(^^))

 

スキーの帰りに「馬鹿旨」のギョウザでも食べよう!

というと、とても真剣にスキーの計画を立ててくれます(笑)

 

馬鹿旨(ばかうま)は関越道の沼田インターチェンジ近くにあるラーメン屋さんです。

私はこのお店で初めてトマトラーメンを食べまして、こんなにおいしいのかぁ!と感動しました。

よっこいさんはスキーで疲れた体に、にんにくガツンときいているこのお店のギョウザが大好きです。

 

food_gyouza

 

 

さて、息子ですが

なかなか離乳食を食べてくれず、本当に悩んでいます。

息子の離乳食スイッチ、OFFのまま。

 

少し前に区の赤ちゃん会がありまして

そこにいらっしゃるスタッフの方に相談しました。

 

「時間帯関係なく、赤ちゃんがご機嫌な時にあげてみて」

但し、あげる時間は日によって変えない。

「その時はママも一緒にご飯を食べて」

 

と、アドバイスをいただきました。

 

時間帯は「食べてくれるのなら夜でもいいです」。

ママも一緒に食べるは「食卓を本当に一緒に囲む」。

 

私が試したことがあるのは午前、正午や午後2時など病院が開いている時間帯。

そしておかゆを食べてみて、「あ~おいしい」と言って見せたり。

 

そうではなく、ご機嫌なら夜でもよくて

実際に一緒の食卓で食べさせてみる。

 

なるほど・・・

 

そのアドバイスをうかがった日のランチ。

お家で息子はハイローチェアで横になって、私はテーブルで息子に見守られながらランチを取りました。

その最中、ハイローチェアの背もたれの角度をつけて起き上がらせ、「あなたも食べる??」とおかゆをあげるとパクッと食べた!!

そのあと、顔をそむけながらも2さじ食べてくれました。

 

味を占めた私は、翌日も同じ時間帯に同じ方法であげてみました!

が、結果は惨敗。

口を真一文字にして受け付けず、大泣きされて母さん撃沈。

 

 

そんな話を夜、帰ってきたよっこいさんと夕飯を食べながら話をしていましたのですが・・・

 

ん・・・?

いまじゃないか??

 

わが家のお夕飯は

ふたりでテーブルに、その横にハイローチェアに息子を寝かせ、息子を必ずお夕飯の席につかせていました。

息子はよっこいさんの食べる姿を毎日見て、毎日お口をもぐもぐ、よだれをだらーとたらしています。

 

このタイミングでおかゆをあげたら食べるんじゃないかな??

夜でもいい、と言ってくれたし!

 

よっこいさんにはゆっくり食べてもらい、

私は大急ぎで冷凍していたおかゆと人参を温めて息子に与えてみました。

するとパクッと食べた!しかも笑顔です!!

 

その翌日も、

よっこいさんとお夕飯を食べている時に息子におかゆを与えたら、残さずペロリと食べました!!

途中お口を拭くために手を持っていくと、おかゆをもらえると勘違いをして口を開けてしまうほどです(笑)

 

そういえばアドバイスをくださったスタッフさんが言っていました。

「ひとりで食べる食事より、家族で食べる食事の方がおいしいでしょ?」と。

 

息子も毎日一緒食べたかったんだな、と思ったら

悪いことをしたな、と息子を抱きしめたくなりました。

 

息子の離乳食スイッチは、「お夕飯の団らん」でした。

いまのところ二日連続で成功しています。

今夜もよっこいさんと息子と三人でお夕飯を囲みます!

 

お食い初めの時の写真です。
もうすぐ本当に食べられるようになります。
okuizome