ストロートレーニングのその後


こんにちは。

 

ストロートレーニングをはじめて

約一か月で飲めるようになりました。

 

聞いていた話では

2週間で飲めるようになった、

ということでしたが、

息子はのんびりなので

ひと月ちょっとかかりました。

 

 

トレーニング詳細は

ストロートレーニングに記載させて

いただいた通りなのですが、

あらためて。

 

 

①曲がるストローの短い方を赤ちゃんの口に、長い方の先端は親が指で押さえる。(長・短は逆でも可)

②短い方(長い方)に飲み物を入れて赤ちゃんの口に流し入れる。

③赤ちゃんがストローから飲み物が出てくることを覚えたらだんだんと角度をつけ、吸って飲ませるようにする。

 

といった方法です。

最初はこんな感じで赤ちゃんの口に飲み物を流し入れるようにします。飲み物は少量で。

 

kakudonashi

 

3~4日でもう次のステップで角度をつけるとよいと思います。

kakudoari

最初はなかなか吸いませんが、角度をなくして飲ませてみたりと根気強くです。

ある時ふとした拍子でスッと吸いこんでびっくりしてむせたりしますが、そうやって覚えていくのだそうです。それでよいのです!

 

 

息子はストローを噛んでしまったり、

しばらくするとストローを見ると

嫌がるようになったので、

ストロートレーニングは三日間くらい

中止しました。

 

その後、用意していたリッチェルの

トレーニングマグを使って

試していました。

m

「PUSH」を押すと飲み物がストロー

からピュッと出てきます。

赤ちゃんがストローをくわえたら

押してやります。

 

 

このマグも見るだけで泣いて

怒った時もありますが、

根気よく続け今では

チューチューと飲むようになりました!

 

まずは曲がるストローで覚えさせ、

その後は短いストローでチューチュー

できるようになればよいですね。

 

私たちは曲がるストローでストロー

というものを覚え、

リッチェルで飲めるようになりました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】リッチェル アクリア いきなりストローマグセット
価格:2300円(税込、送料無料) (2017/7/25時点)

 

 

 

人それぞれ、その子のペースがありますよね。

ひとつひとつ覚えさせるのは大変ですが、この暑い時期にストロー飲みを覚えてくれたので水分補給をさせるのによかったと思っています。

 

ただ、ひとつ気になっていることが・・・

ご近所さんからお借りした、

子供の発達に特化した育児本を読んでいたら

コップ飲みができるようになれば

自然とストロー飲みもできるようになる、

といった記述があったことです。

 

私が持っている育児本を丁寧に

読み返してみると、確かに

おなじことが書かれていましたが、

「夏場に対象の月齢を迎える場合は、

水分補給を考えストローから覚え

させてもよい」とあったので

ほっと胸をなでおろしたところであります。

 

遅ればせながら、

コップ飲みもトレーニングしています。

 

コップはリッチェルのストロートレーニング

で使用しているものの蓋を外せば使えます(^^)

(クリックで使い方の詳細見られます)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】リッチェル アクリア いきなりストローマグセット
価格:2300円(税込、送料無料) (2017/7/25時点)

 

 

コップ飲みも一からのスタート。

嫌がられていますがコツコツ頑張ります!