うみ博


こんにちは。

 

私は幼い時から将来は結婚をして

子どもを産みたい、と思っていました。

大人になってもその思いは変わらず、

恋人がいないときだってその夢というか

目標は見失わず(笑)

 

母方の祖母はそんな私を

「いいことだ」と褒めてくれ

早く結婚式に呼んでくれ、

みんなの花嫁姿が見たい

(孫は女子が多いです)

がんばりなさいと言ってくれました。

 

祖母は私が27歳の時に亡くなりました。

 

1男3女を女手一つで育てた祖母。

祖父は私の母が高校生の時、

信号無視の車と接触し亡くなっていました。

 

母は長女として

お家の手伝いをしたり

様々なことをあきらめて

就職をしました。

その就職先で、父と出会えましたが(^^)

 

苦労している祖母や母。

私は祖母に花嫁姿を見せることが

出来なかったことが心残りです。

その分、母に花嫁姿や

「おばあちゃん」になってもらった

ことでほんの少し私の心残りを

減らしている訳であります。

 

もうすぐお盆。

もしこちらに祖母が来てくれたなら

息子を見てもらいたいです。

 

 

さてさて、私たち親子三人は

昨日、汗をかきながら

うみ博というイベントに行ってきました。

大桟橋他で、8/5~6の二日間のイベントです。

umi

 

うみ博は

資源開発、魚や生き物、レジャー、環境保全、船舶など多彩な海の魅力と可能性を知り、触れ、学び、海への関心や、理解が深まる、親子で楽しめる体験型イベントです。

というコンセプトがあるそうです。(HPより)

 

たしかに、親子で楽しめそうなプログラムがたくさん!

 

私たちは事前申し込みで当選した

鉄腕ダッシュでおなじみの

木村尚さんの講演を聞きに行きました。

 

横浜の海は昔はとてもきれいで

干潟も多くある今とは違う景色が

広がっていたそうで

お話をうかがいながら

経済成長と共に変貌した海の

様子に危機感を覚えました。

 

山下公園で海を眺めていると

ゴミが浮き、臭いも気になり

本当に残念な様子を

いつも見てきましたが

ひとりひとりが意識することが

大切で、思いは行動に移す事も

大切とお話しされていました。

 

 

企業が出資して

人工の干潟を馬車道に作ったことも知りました。

気にして歩いてみたいな、と思います。

 

横浜の景色は海なくしてありません。

住む街をもっと愛せるように、

家庭での排水も気を付けなければ

と思うのでありました。

 

分別ごみも、横浜は細かいそうですが、

慣れれば何てことありません。

ひとつひとつ、ひとりひとり。

 

うみ博のあとはランチタイム。

近くのサンアロハでカレーをいただきました。

息子も離乳食。

カレーはおいしくいただきました(^^♪

sa1

sa