秋の旅行・鴨川シーワールド観光


こんにちは。

 

昨日は立冬ですが、暖かい空気の横浜です。

昨日・今日を考えると「冬」という感じはしませんが、富士山に初雪が降ったり全国お天気予報に雪のマークがあったりするのでもう冬ですよね。

家の周りの木々も色づき始め、早く紅葉狩りをしないと秋が消え去ってしまいそうです。

 

食欲の秋、はしっかり感じていまして(笑)

モスバーガーでは先日「長崎トルコライス風バーガー」をいただきました!

㈱モスフードサービスホームページよりお写真拝借です。

パンの間にスパゲティも挟まっているという炭水化物バンザイ!なハンバーガーです!!

ボリュームのある一品で一つで大満足でしたよ!ごちそうさまでした(^^)

 

 

さて、先々週末にいった千葉の旅行ですが

初日はマザー牧場へ(秋の旅行・マザー牧場観光)、二日目は鴨川シーワールドへ行きました☆

妊娠中に訪れて以来、二度目となります。(ふたり最後の旅 IN千葉2

 

台風が近づき雨が降っていましたが、鴨川シーワールドで過ごしている間はほぼ雨は止んで快適に過ごすことができました。

 

鴨川シーワールド内には授乳室が3か所ほどあり、カーテンで仕切られていたり個室になっていました。横にはオムツ交換台がありまして男性も入ることができます。

お湯も用意されているところやスタッフさんに声掛けでいただけたりする場所もあって、授乳期でも安心です。

基本的に外気に触れながらショーを観ることになるので、冬場や夏場の気温対策は必須となります。食事面も子供向けは充実しているとは言い難い状況なのでご用意されて行かれた方が良いと思います。

私たちは和光堂さんのランチセットとバナナを持っていきました。息子は通常サイズでは足りずBigサイズを食べています。

 

鴨川シーワールドでは海の仲間と触れ合えるディスカバリーガイダンスというものがあって、例えばイルカにタッチできたり、記念撮影をすることができたりします。

当日の開園前に並び整理券をゲットするか、開園後に余りが発生しているディスカバリーガイダンスの当日券をゲットするかのどちらかです。

 

私たちはゆっくり入園したので余りを期待して当日券を求めて指定場所へ行きましたところ、第一候補のイルカと記念撮影がまだありましたので無事ゲットしました。

こんな感じで撮影できます。

お利口なイルカさんに父さんと母さんは感動していました。

優しい瞳にメロメロです☆

鴨川シーワールドHPディスカバリーガイダンス<こちら>

 

他にもイルカショーやアシカショー、室内展示をゆっくり拝見します。

 

お約束のシャチ、今回も大満足なショーでした!!

台風も近づいている悪天候な土曜の鴨川でしたが、こんなに人がいたんだ!と思わせるくらい大盛況なシャチのショー(^^♪

息子はわかっているんだかいないのだかという状況ですが、いいのです。父と母が楽しめばいいのです。息子はあと2~3年後ぐらいから楽しめればいいのです。

 

シャチではぽけーっとしていた息子ですが、大好きなペンギンには笑顔あふれていました。

笑ってくれると本当にうれしいものですね。

息子はこのペンギンさんにお腹にいるときから大きく反応していたので、外の世界に出てから見ることができてよかったね、と声を掛けました。

 

ということで、最初の方に書かせていただいたとおり、鴨川シーワールドは赤ちゃん連れでも楽しめますが、温度調節できる服装と離乳食が始まっている場合はお食事の用意が必要となります。

 

ちなみに、ベルーガのいる水槽が改装工事中で見ることができませんでした。来年3月まで工事が行われるそうです。

新しくなった鴨川シーワールドへ来年も行きたいと思います!

 

では、次はお宿編をご紹介させてください。