離せない


こんにちは。
 
 
実家にすんでいたとき、
元町までバスで行けたのでよく休日は元町へ行きました。
 
 
畑違いの経理職に就いたばかりのころは、元町のエクセルシオールカフェでよく参考書を開いてコーヒーを飲みつつお勉強しました。
 
結婚してからは電車で行けますが、足が遠のいています。
 
 
きょうは思わぬ所でエクセルシオールカフェに出会い、息子がお昼寝中にコーヒーを頂きました。乾燥激しく、珍しくのどが渇きます。

 
 
さて最近のお話しですが、お料理でしめじを使うときに何となく意識してしまうことがあります。
 
たまたま大きいきのこと小さいきのこがくっついた状態だと、離しづらいことです…
例えばこんな状態のときです。
 

 
親子で仲良くいればよし、と。
 
 
いつもどんな時も気を付けているわけではないのですが、たまたま手に取ったときに親子だとそのままにしています。かわいいですよね。
 
 
息子は最近、2本の足で仁王立ちが出来るようになりました。数秒間ですが。
前のめりながらも二歩ほど歩きます。(倒れている、が正しいかもしれません)
歩き出すのはいつかな?楽しみです。
 
写真は椅子に身を任してテレビ番組『おかあさんといっしょ』を見る息子です。