ソファと掃除機に夢中


こんにちは。
 
 
ちょっと苦痛に感じていることがあります。
それは毎朝、掃除機をかけると息子がコードに喜んでかじってしまうことです。
 
かじることに飽きると今度は掃除機を追いかけてきます。ちなみに私は本体を手に持って移動しています。床に置くと息子が触ってしまうので(T_T)
 
 
息子をやり過ごしながら掃除機を掛けなければならず、始めるときはちょっと決心が必要な毎日です…
 
掃除機をかけ終わるのも恐怖の瞬間で、もっと遊ばせて~!!と怒って泣きます。
そんなとき、母の声が聞こえてくるのです。
『興味を持っているんだから触らせてあげなさいよ』と。
 
何かの折に言われた言葉なのですが、色んな場面でこの言葉を思い出します。
 
いままで、汚いからという理由で触らせていませんでしたが、最近はかけ終わった後に与えています。

 
ご覧の通り、私の真似をして部屋中をギコギコと柄の部分を動かしてお掃除してくれています。毎朝。
 
実は本体も遊ばせていましたが、車輪のわずかな隙間に指を入れてしまい、挟まって抜けず痛いと大泣きしたことが二度ありました。よって、本体は卒業させて柄の部分のみを与えることにしました。
 
 
子どもは大人のすること、持っているものが好きなんですね。自分もそうだったなぁ、とうっすらですが記憶にあるような。
 
 
息子はソファにも登れるようになりまして、一人で勝手に上がって降りています(笑)
ただ、こわいのは背もたれの部分もよじ登ってしまうこと。いつか背もたれの上から落ちることがありそうで目が離せません。
 
 
きのうもよじ登って落ちそうなところを救出しました…危険が分からないお年頃は怖いです。
 
そんな息子もエネルギーが切れるとエラそうにテレビを見ます。社長か?

 
きょうはどんなおもしろいことをしてくれるのな、と楽しみに眠りにつきたいと思います。