大掃除


こんにちは。

 

先日、私の父のふるさと納税をよっこいさんがお手伝いをしてくれて、一日がかりで申し込みをしました(笑)

あれもいいね、これもいいね、でなかなか進まず。

おまけにBlu-rayレコーダーの設置までお願いされまして、本当に一日がかり。

 

しかし、すばらしいご褒美をいただきました・・・

ふるさと納税の返礼品の飛騨牛ステーキ!!!に、こしひかり!!

ありがたくいただきました。よっこいさんのほっぺが落ちそうになっていました。

こんなにも上質なお肉、さすが飛騨牛ですね。

 

さて、みなさんはどんな年末をお迎えでしょうか。

わが家は大掃除を少しずつ行っていて、道半ばですが年を越してもいいからきれいにしたいと思います・・・長丁場。子どもがいると、なかなか進みません。

カーテンとレースもお天気が良い日に少しずつ洗って干して、を繰り返していました。

昨日は最後に残ったリビングのレースを洗いましたが、干しているあいだはもちろんお向かいさんには丸見えなので恥かしいです(^-^;

 

息子はそんなことは関係なく、ちょっとすっきりしている窓際で遊び始めました。

生まれ変わったら挑戦したい私の夢であるクライマーさんのように、段差を登って楽しんでいましたよ(^^)がんばれー!!

よっこいしょ

ふ~っ

 

テレビ番組で、お片付けのプロがどんどんお家の中をきれいにしていくという企画を何度か見ましたが、わが家も頼みたい。だれかパンドラの箱のクローゼットを整理してほしいです。

ESSEという生活情報雑誌をまだ結婚する前に好きで何度か買っていましたが、そこに載っていたことを本当に未だに覚えていて、片付けをするとき意識しています。

 

それは、

「一等地に無駄なものは置かない」です。

 

引き出し、クローゼット、戸棚。

何でもいいのですが、一番手が届きやすい場所に余計なものはありませんか?ということなのです。

それは徹底して余計なものは置かないのです。

 

かなり意識していますが、それでも日常的に使うコップとお客様が来たときだけ使う茶器が混在していてもう少し片づける余地がありそうです(^-^;

普段からお客様がいらっしゃるご家庭なら問題ないとは思いますが、わが家はお招きしたとしても大抵お酒を飲むためなのでなかなかどうして使いません(笑)

 

「とりあえず」で買ったお皿も、いまとなっては買い替えたい。。。でも捨てるにはもったいない。割れるを待つ。貧乏性です。

お片付けのプロは例えば冬物なら今年使わなかったものは来年も使わないと判断して、考えすぎずにサッと捨てたり、差し上げたり、売ったりするそうで、わが家もそうしたいなといつも思います。

 

「一等地」の考え方はなかなかな考え方だと思いますので、ご参考になさってみてください!
って、皆さんはすでに意識なさっていますよね・・・失礼しました(´・ω・`)