感情


こんにちは。
 
 
先週金曜日、不妊治療のクリニックへ行ったときのことですが、そろそろ排卵の時期なのでホルモン数値を調べるために血液検査をしました。
 
 
月曜日の昨日、再診に行きましたが診察室でドクターと二人で笑っちゃいました。
 
血液検査の結果、ホルモンの数値が低すぎて『これはおばあちゃんくらいの値です』とドクターがおっしゃったので(笑)
 
 
まだ37歳ですが、ホルモン数値はおばあちゃん並み!思わず吹き出し、ドクターも『おばあちゃんです』と笑いながらおっしゃって(^o^)
 
人を見て、空気を読んで、お話ししてくださるドクターなので、今の私の状態を見て笑いながらお話ししてくださったのでした。
 
 
 
とにもかくにも、
身体の状態は妊娠に適しているとは言えない様子ですので、昨日からデュファストンを飲みつぎの生理をちゃんと迎えられるようにします。
 
生理が来ましたら排卵誘発剤を飲んで排卵を促すこととなりました。
 
 
よっこいさんと息子の3人家族を卒業すべくがんばりたいのですが、3人家族もそれはそれで楽しみたいと思います。
 
節分も存分に楽しみました!
鬼の面をかぶったよっこいさん。
息子に向かっていきますが…

 
息子は「んふふ…」と口では笑っていますが、涙をためて泣きそうです。
 
しまいには見ないふり

 
 
お面を外したよっこいさんが息子を呼ぶと、安心したかよっこいさんに抱きついて顔をうずめていました。

 
息子にも、恐ろしいという感情がある。
うれしいという感情がある。
 
鬼の面は怖い物だとわかるようになってきた。
 
節分を通して息子の成長を感じました。