不妊治療


こんにちは。
 
 
前回の生理が終わってから診察したところ、ホルモン値がおばあちゃん並みであることが分かりました。
 
次回の生理をきちんと来させるために、黄体化ホルモンのお薬である『デュファストン』を10日間飲みました。
 
息子の不妊治療中に飲んだ以来なので1年半近くぶりに飲みました。久しぶりに順調に生理が来ました。
 
 
排卵もうまいこといっていなかったので、
生理五日目から排卵誘発剤『クロミッド』を5日間飲みました。

 
 
生理開始から起算して12日目(D12)の昨日にクリニックを受診しました。
一般的に排卵はD14あたりになりますが、私は予定があり診察にいけないので少し早い受診となったのです。
 
排卵のタイミングがわかるLHサージは低いものの、卵胞の大きさや子宮内膜の厚さは排卵時の数値に近い物でしたので当日タイミング指導となりました。
 
 
排卵時のタイミングで精子と受精するしかない妊娠は本当に奇跡。うまくいかないたびにこの考えが強くなっていきます。
 
私は今回、久しぶりにデュファストンやクロミッドのホルモン剤を飲みましたが、体調不良に見舞われました。すると心も余裕がなくなりがちに。
 
いつもはやり過ごせる息子の駄々っ子な泣き方も妙に気になっている自分に気が付きました。
よっこいさんにも素っ気なくしてしまった日もチラホラ…
 
 
ただ私がまだ良いのは、息子がいるという事実があることです。
すでに子どもが居て、二人目不妊であるということ。
ひとりいるといないのとでは心の持ちようが全く違います。
 
 
だから、その分恵まれているんだということは忘れちゃいけないと思っています。
 
今日から3月。
春の訪れ、始まりの予感を感じさせる季節ですが、旅立ちのシーズンでもありますね。
 
横浜は未明より強い雨です。
今日も一日、安全に楽しくアクティブに過ごしたいと思います。気持ちは前向きに持っていると、元気が沸いてきますよね(*^o^*)
 
 
 
箱にハマってしまって抜け出せない息子です!
こうやって、時々笑わせて私の気持ちを和ませてくれます。ありがとう、と思います。