GWの子連れ旅行2


こんにちは。

 

幼児食について、幼児食とはそもそも何なのか。

基本的にどんなことを守ればよいのか、どんなレシピがあるのか。

様々な疑問が湧いてきて、ネットの情報だけではやはり信用できずに最終的には書籍に頼ります。

 

私がまずかったのがコチラです。

 

 

購入したポイントは見やすさです。

主菜・副菜別にレシピが載っていて見やすいです。一週間の献立例も載っています。

年齢別に摂取する量が分かりやすく一覧してあるのも良かったです。

食材の一覧表がついていて、1歳代・2歳代・3~5歳代で食べていいかわかるようになっています。さらに、外食メニュー一覧もあって同様の年齢別に向き不向きが載っています。

大人2名と子ども1名分の取り分けメニューも充実しています。

大変参考になります!

 

私はもう少しレシピを見たく図書館で借りた幼児食の本のうち、見やすさや使い勝手がよさそうな本として、コチラの本も借りてきた当日にPCでポチッと購入しました(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フリージング幼児食 1週間分作りおき! [ ほりえさちこ ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/5/9時点)

 

普段お家にいる私だってフリージングは大きな味方。

今も毎食フリージングしている食材を使用しています(笑)

フリージングに向く食材や食材別の保存方法なども細かく載っていますので、凍らせたはいいが解凍するとおいしくないなんていう失敗がないようになっています。

フリージングしなくても、普通のレシピ集としても使えますしとっても便利です(^^♪

 

息子はお肉大好き。白いご飯は食べません。(味付けると食べます・・・(-_-))緑のものは食べません。(チーズとかちょっと濃い味付けにすると食べます・・・(-_-))

ふ~~~

 

 

さて、箱根は翌日も快晴。

しかし相変らず肌寒いです。息子は4月に引いた風邪が治っているんだか治っていないんだかで2週間以上鼻水が垂れていますが、その垂れ具合がひどくなってしまいました。咳も出始め(汗)

あまり無理せず、渋滞心配もありますのでさっくり観光です。

 

お宿を発つ朝はしまじろうのわおが放送されている日。息子は父さんの膝の上で観賞。

 

わおが終わったので観光です。

芦ノ湖で船に乗ります♫

芦ノ湖の船は2種類あります。海賊船と遊覧船。

私たちは遊覧船を選びました。理由は乗船時間です。

 

車で行ったので乗船した場所と同じ場所で下船する必要がありますが、海賊船も遊覧船もどちらも一周するルートはあります。

しかし、海賊船は割と長い時間乗船します(1時間ほど)。対して遊覧船は30分ほど。息子のことを考えると長い時間を同じ場所でとどめるよりもテクテク外歩きをした方が楽しいでしょうから周遊船にしました。

途中、山のホテルのつつじがわずかに見えて、大変きれいでした。

 

箱根関所から乗りましたが、降りたところにワンちゃん連れのご家族がいらっしゃって、息子は釘付けでした。動物好き。怖がりません。

 

これも降りたところに昭和レトロな乗り物が!!!

普段こういう時はよっこいさんと息子が乗りますが、母さんは乗りたかったので積極的に乗りに行きました(笑)

懐かしい!!私のアルバムには、まだ2~3歳くらいの私がこの乗り物に乗せられ大泣きしている写真があります。それを思い出して、絶対に乗りたかったのです。息子と一緒に。

 

この後は真横にある箱根関所に行きまして、お勉強タイム。

私はこの箱根関所が好きなのでみんなで入ることができてうれしいです☆

 

渋滞が心配なので帰路へ。

帰り道もスイスイと帰ることができました。

13時過ぎに海老名SAで昼食を摂りましたが、さすがに海老名SAは混んでいて席の確保に大変苦労しました・・・

 

横浜の自宅に帰ったのは15時過ぎ。もう少し観光しても良かったかな、と思えるくらいでしたが!

父の情報によると早めに帰宅をして正解で、少し遅ければ大渋滞に巻き込まれていたそうです。

よかった(*_*)

無理させずに帰ったので、息子もご機嫌のわが家です。

 

子どもがいますと、子ども中心の行動計画となりますね。

両親には気を遣わせたり、時間を合わせてもらったりとせっかくの旅行を楽しめているのだろうかと不安になりましたが、そうせざるを得なくて一人であたふたしました。

 

しかし「お世話をしたいんだから、させて」の母の言葉で少し気持ちが楽になりました。

親に甘えるのも親孝行かもしれませんね。