感性


こんにちは。
 
 
私たち家族は、
外食するときはランチが多く、たまにディナーするときはご近所の座敷がある中華屋さんか、ファミレスです。
 
よっこいさん、息子と先日はファミレスでディナー。日が延びてきたので、食べ終わって外に出ても18時半だというのにまだ空は明るく。
 
だんだんと暗い夜へと移行する空を眺め、息子が『あおぅ』と言いました。
 
 
見るときれいな青の空。
まだ少し残る太陽の光が、深い夜の色になる前の青色に空をしていました。
 
空を見て『青色だ』と思った息子。
話せる言葉はとても少ないのですが、大好きな青色を空に見つけた息子はとても嬉しそうな顔をしていました。
 
私はただ、日が延びたなぁとしか思わなかったのですが、幼い子どもの発見に素晴らしいな、と思ったのです。
 
 
小さな発見がたくさんあるのだろうと思います。息子の情緒というか感性が、この夏にたくさん刺激を受けて豊かになれば嬉しいです。
 
 
 
余談ですが、よく行く横浜市の育児支援拠点にいらっしゃるスタッフさんが、息子にいちごの絵本を読んでくださったときのこと。
絵本の中のいちごを摘まんで息子の口元へ『はい、どうぞ』と運んでくれる真似を。息子は緊張で口を真一文字にしていました(笑)
 
先日、それを思い出して私がやってみたところ、息子の生きる経験値が上がったからか、食べる真似をしました。日々、学習していてごっこ遊びができるようになったのです。
 
写真はおうちにある絵本でミカンをあげたときのもの。あむっと食べる真似をしています。
指までくわえちゃうんですけどね(笑)