不妊治療


こんにちは。

 

今周期の不妊治療の経過をお伝えしたいと思います。

 

排卵直前期に受診しましたら、「よい卵胞がふたつある」とのことでした。

もう十分成熟しているのに、例によってLHサージが低いため身体が排卵を指示していないようです。

 

そこで前回同様に腰のあたりにHCG注射を打ち、排卵をうながします。

 

ドクターからは注射の翌日にタイミングをもつこと。またその翌日以降にもタイミングを持つように言われました。

 

ちなみに、

タイミングを持つタイミング(笑)ですが、ドクターに伺ったところ統計的に連日タイミングを持つほうが妊娠率が良いそうです。もちろん、一日おきでも身体の仕組みからいったら問題はないですよね。

あくまで統計上ということだと思いますが、そのようなデータもあるそうです。

 

一応、私としましては今周期は連日でタイミングを持つことにしました。

 

タイミングをとってからデュファストン錠を14日分処方されいまも飲んでいます。

今日で終わります。

 

妊娠していれば高温期が続くはずですが、昨日の体温から今朝の体温は少し下がっています。

このまま下がっていけば生理、となるわけですよね。

 

身体の兆候としては前回妊娠した時のような症状が全くでておらず期待していませんが、白か黒か早くはっきりさせたいのは毎周期かわらない気持ちです。

 

 

そういえば。

「良い卵胞がふたつある」ので、例えば妊娠に成功したとしたらふたごちゃんの可能性もありますという説明は受けました(^^)

可能性としては数パーセントですが、そんな可能性も秘めていた今周期でした☆