コアラのマーチ


こんにちは。

 

息子はもうすぐ1歳11カ月になります。

ここ数カ月、このカウントだけを考えると早く感じます。

 

1歳10カ月の今は言葉(単語)が増え、もう数えきれないくらいなのですが、常に使っている言葉ばかりではなく、大人が話した言葉を真似て言っているだけの時も多くあります。

 

息子はカウントダウンが好きで、大人が言うと走りだしたり、滑り台を滑ったりします。

道端で急に足を揃えて立ち止まりなかなか動かない時があるのですが、それは「カウントダウンして」の合図で、「3、2、1、ゼロ―!」と言ってやると走り出します。

 

少し前までは何となくカウントダウンを言っているんだろうなーという程度の発音でしたが、最近は「ゴー、ヨン、サン、ニー、イチ、ウォー!」と自ら言って走っています。

 

先日、息子より半年ほどお姉さんのお子さまとお散歩する機会があったのですが、その子もカウントをすると喜びました。好きなんですね、子どもは(^^)

 

 

2歳前後になると2語文がでてくるそうです。

「ママ、どこ」「ワンワン、きた」

息子はまだまだですが、昨日「いなぁ いなぁ ばあ(いない いない、ばあ)」と言いました。これは・・・絶対2語文じゃないですね(笑)

 

 

さて、子どもが好きと言えばお菓子の「コアラのマーチ」がありますが、以前も載せました通り私は好んで食べています。

頻度高めで食べているので、例えばレアだという盲腸コアラとは割と出会っています。

 

ですので、私が興味を持ってみることができる図柄は、例えばこんなエラー気味なコアラ。

 

そして、小さくてかわいらしいと感じるコアラなどです。

 

 

 

 
来月は家族旅行を予定していますが、
子どもが生まれてから初めて、子連れで飛行機に乗ります。
 
旅行が決まってしばらくしたとき、ネットのニュースである芸能人の方が帰省するのに赤ちゃんと一緒に飛行機に乗ったら、乗り合わせた乗客に心ない言葉を掛けられたことが載っていました。
 
 
お互いさま、とか
仕方がないこと、とか
そう思うことがなかなか難しい方は一定層いらっしゃいますね。様々な理由からとは思います。
 
私も先日、ベビーカーで来るなと見知らぬかたから言われ悲しくて悔しくてその日は気持ちがブルーでした。
 
そのときの気分で、
人への態度が変わらないように、反面教師でお勉強させてもらったと思うことにします。

 

飛行機は好きですが
子連れの緊張感っていったらありません。