原鉄道模型博物館


こんにちは。

何度か書かせていただいておりますが、
息子はいま日に一度のお昼寝があります。
 
 
そのお昼寝ですが
本人は午前中の9時半ごろからベッドでゴロゴロしたいようです。
 
 
午前中に寝ますと、起きるのはお昼過ぎです。
そこからご飯を食べさせてお出掛けの準備をしますと、急いで1時半、普通にして2時過ぎといったところです。

2時過ぎから出掛けるのは大変困難でして、ご近所を散歩がてらお夕飯の買い出しへ。
曇り空で涼しいときは、少し広目の公園へ行きます。
 
 
私はお夕飯を作る時間も考えて、午前中からお出掛けをしたいのですが、自我が強く出てきた息子は『寝ないとお出掛けなんてできないっ』とばかりに泣き、最近は私が折れて午前寝をしています。

でも、お友だちとお出掛けをする予定があるときは頑張ってもらっています。

 

一昨日までだったかな?
横浜駅の側にあります、原鉄道模型博物館でトーマスの展示をしていたのでいってきました。

 

初期のトーマスは実写で撮っていたのですが、そのとき使われていたトーマス達がイギリスから来てくれたそうです。

 

お友だちは息子と同じ月齢のお子さまですが、とても賢い坊やでして、私は感心しきりでした。

ママがカメラを向けるとピースをしたり、撮影スポットには『ここに立つ』という足形の印があるのですが、その上にピッタリ足を揃えるものですから周りの方たちもおぉーっと笑顔。

おまけに優しさも兼ね備える、2年も生きていないのに出来たお子さまです!おばちゃん感動です!

息子はジオラマに夢中で親元を躊躇なく離れていきます…

原鉄道模型博物館にはまだ子どもが生まれる前に、友だちのお子さん達を連れて遊びに来たことがありました。幼稚園年長さんくらいかな??
とっても喜んでいました。男の子も女の子も楽しめます☆
 
 
さて、館内をひとしきり見たあとはすぐに出まして、ランチにしました。

この近くにある商業施設のベイクォーターには多くのレストランがありますが、その中でも栗原はるみさんプロデュースの『ゆとりの空間(和食中心)』と、『ワイアードカフェ(洋食中心)』は特記に値するほど子連れに優しいです。

たまたま、なのかもしれませんがベイクォーターのとあるお店では、ベビーカーでの入店に難色を示され、退散したことがあります。
混み合っていなかったので疑問だけが残りましたが、対応された方のそのときの気分や独断だったのかもしれませんので店名は伏せます。(なお同店はお友だちのお母様がベビーカーで行ったときには案内してくれたそうです)

そんな記憶もあって、この素晴らしい対応をしてくださる二店に近くに来たときはいつも足が向きます。
今回はワイアードカフェにお世話になりました。(ちなみに、店員さんにお断りをした上で、子どもたちは持ってきた手作り弁当を食べさせました)

ゆとりの空間では、お子さま用の小さなお茶碗にご飯一杯のサービスがあります。大人との取り分けが可能です。
ワイアードカフェにはお子さまメニューがありました。
ご参考になればよいのですが。

さて、近く家族旅行を計画していますが、台風が心配になってきました。秋に向かうこの季節は、台風が付き物ですね。みなさん、お気を付けてお過ごしください。

見知らぬご兄弟の横にグイグイ行っちゃう息見知子です。電車への愛情は感心するほどです。