沖縄・二日目


こんにちは。

沖縄旅行、前回の続きです。

 

私たちはかねてより仲良くしていただいている名古屋の友人家族がいますが、この友人家族には私たちの息子と同じ月齢のお子さまがいらっしゃいます。

 

夫同士が以前の同僚という関係で、東京でお勤めしていました。

ご夫妻は東京で暮らしていましたが、その後名古屋へ。お引越ししてからもお付き合いが続けています。

 

ある日、名古屋から横浜に仕事でご夫妻がいらして、夫たちは元職場の方達との集まりがあるとのことで東京へ。
残された奥さまと私は一緒に横浜髙島屋でお夕飯を食べたときのこと。

私、ちょうどその頃は妊娠2~3ヵ月くらいでして「私、妊娠したんだ」と報告をすると、奥様が「私も!」となり、お互いに驚き。しかも予定日が近似。心強い思いでした。

 

そんなお友だちですから、お会いすると息子同士の成長が楽しみで、「(お友だちのお子さま)もう2語文でてるね!」「(息子のことを)お歌が上手だね」などお互いに感動しています。

 

 

今回の沖縄の旅は、この友人家族と一緒です。そして友人カップル。

友人カップルの彼氏さんも同じ職場でした。つまりは男性陣がみな同じ職場に勤めていたという関係です。

「ブラックだ!!!!!!」と夫たちが口を揃えて言っていた職場でしたが、人には恵まれたようです。何かを犠牲にして、何かを得るものなのですね(笑)

 

さて、沖縄二日目となった9月4日は甚平で過ごします。(心の友・精神安定剤、うさ子も一緒です)

 

この日は友人カップルが合流します。お仕事の関係で、我々とは到着が一日ズレました。

レンタカーで那覇までお迎え。

 

近くの駐車場に車を止めて、公設市場へ行きました。
個人的には沖縄へは数回来ていますが、公設市場は初めてでした♫

子どもたちはお水の中にいる生物に興味津々でしたよ。

 

畳があるお店にお世話になりました。

実は友人カップル二人とも、時期は違えど過去に沖縄住民でした(^-^)お詳しいのです☆
子どもがいるので畳があるとうれしいですね。「あだん」さんにお世話になりました。

 

刺身のほかにお魚の煮つけ・から揚げも。お店でふーちゃんぷるーと豆腐ちゃんぷるー、あとご飯を頼んで子どもたちに。

お魚の煮つけも少し食べさせましたが、息子は魚が好きなのでかなり食いつきが良かったです(笑)

 

息子は初めて見る料理は慎重になるタイプです。外食はちょっと苦労します。見慣れないと怖いのでしょうか?(↓豆腐チャンプルーを見て、泣いて抱っこを求めています)

イヤイヤ期が始まる前までは好んで食べていた挽き肉も、最近は首を横に振って食べません。肉団子もハンバーグも・・・難しい、イヤイヤ期。

こうやって「これはいやだ」と泣いて訴えている最中も、おなかはすいているから口からよだれが垂れるんです。そんな姿を見ていると、「食べたいのに食べられないなんてかわいそうだなぁ」と思います。(でも結局、豆腐ちゃんぷるー食べました・・・おいしいと分かり残さず(-_-))

 

食べた後は移動して美ら海水族館へ。

今回、ベビーカーは持ってきていませんので水族館でお借りしました(無料)。

美ら海水族館は大変人気で混み合っていました。

この日はショーを観ることが叶いませんでした。

お天気が不安定で移動が難しかったのと、お夕飯の時間を考えてそろそろホテル方面へ帰りたい時間だったからです。

 

ただ、お土産はゲットしましたよ!!

これは以前、よっこいさんと初めて行った美ら海水族館で買ったものです。

少しかけているんですが、息子がこれを見ると嬉しそうに使うので、新しいものを新調しました!

 

ちょっとデザインが変わりました(^-^)

ちゃんと「美ら海水族館」とローマ字で印字してあります☆

息子は最近、「かめ」「ぺんぎん」「マンボウ」「貝」「カニ」など、海にまつわるものの名前をよく言っているのでかめのスプーン。あと2本ほど買い足しました(チンアナゴとマンタ)。

 

息子はすぐに抱っこを要求してくるのでベビーカーがあって助かりました。

一方、友人の坊やは一人で歩きたいタイプだそうで、むしろ抱っこをさせてくれないとご夫妻が困り顔。なるほど、それぞれの家庭でいろいろ悩みはありますね。

ただ、そんな坊やも疲れたりすると大人しくベビーカーに座っていましたので、ベビーカーは借りて損はないと思います。荷物も置けますしね(^^)

 

この日のお夕飯はホテルの中にある鉄板焼きにしました。みんなでワイワイと焼いて、子どもたちも焼いたお肉を細かく切ってご飯と共に頂きました。

ホテルの中で食事だと子どもに配慮してくれるし、食べたくない!なんて時に代わりが利くものがありそうだから、なんだかほっとしちゃう母親たちでありました。。。

 

つづく