相模川ふれあい科学館へ


こんにちは。

 

沖縄滞在中、ホテルの空調について、微妙な調整ができずに寒かったり暑かったりと少し大変な思いをしていました。

 

結果、帰宅後に息子は鼻風邪がひどくなり病院へ。
長引きまして今も薬を飲んでいます。
 
そんな彼ですが、鼻水鼻づまり以外は元気でして、彼を喜ばせようとお出掛けしました。
 
 
沖縄で海の生き物にたくさん触れてうれしそうだったので、江ノ島水族館へ行ってきました♪
 
ペンギンがやっぱり好き。

 

それなりに楽しんで帰ってきました。
息子をつれていくのは2回目ですが、またお世話になりたいと思います。

 

さて、先週末のお話。
よっこいさんは休日だけどお仕事の調べで海老名へ行くとのこと。おまけに『付いてきても大丈夫』とおっしゃる。
 
『行きますっ』ということで、海老名へ行きました‼️
車内。

 
 

お仕事は午前中いっぱいかけて終えて、みんなでファミレスへ。そのあと、せっかくだからどこか行きたいという私のわがままをよっこいさんは聞いてくれて、ドライブしました。

 

行き先は、宮ヶ瀬ダムを考えたけれど、行ったことのない相模川ふれあい科学館もいいなぁと思い、ここに決定しました!

前週に行った江ノ島水族館に、相模川ふれあい科学館をおすすめするチラシがあって、それを覚えていたんです!

写真の手前にある広い面積の部分は、いつもなら相模川から水を引いてあって、この時期は子どもたちが水遊びをすることができるそうですが、台風21号の影響で未だ相模川の水が濁っているため引水していないそうです。少し残念。
 
 
早速、入館しました。
一階のフロアのみの展示のようですが、私たちはここを満喫しました。

 
 
小学校中学年くらいからきっと、展示の内容をよくよく理解して楽しめると思います!
小さな子どもや息子のような年齢の子どもも楽しめます。相模川に生態しているものが展示されています。生きた状態で☆

 

あゆの遡上の様子も見ることができます!!すごい~!
 

 

 
お外にはお魚の水槽があったり、ザリガニがいました。
いずれも、触ることができるんです。
私は苦手なのですが、どんなことにも興味を持つその気持ちは本当に素晴らしいことと思うので、触ることができるこの水槽は有難い機会を作ってくださっていると思います。

 

 
 
中の展示では、陸ガメさんやカワウソさんがいましたよ!

息子は陸ガメさんが気になって、触らせていただけました。『触っていいよ~』とスタッフさん!

 
同じフロア内にある、とある水槽。
息子、一生懸命みているのは。

 
 
母さん、とても苦手なフォルムの『オオグソクムシ』。


私、節足というのでしょうか、海老の裏側とか見られないタイプの人間です。残念。

 

そろそろ帰宅の時間かな、というタイミングで、ハリネズミにふれ合えるというイベントが!
私たちも並んで触らせていただきました。

息子、さっと触ってもう二度と触りませんでした。怖かったのか、眠くて気持ちが乗らなかったのか、わかりません。

 

相模川ふれあい科学館は、ご近所にあれば絶対に年パス買っていると思えるほど良かったです。コンパクトながら、魅せてくれる展示です。
ネットの評価が高いのも納得でした。

 

お近くに行かれて、お時間がある方はおすすめです(^_^)