身内でお誕生会


こんにちは。

9月末で2歳の誕生日を迎えた息子ですが、10月中旬にお誕生日会(身内のみ)を催しました。

 

よっこいさんの両親や私の両親も呼ぼうよ!と声を掛けましたが、よっこいさんからは「うちはいい」とお断りされてしまったので、私の家族とお祝いしました。

 

この日はお寿司と若干のおかず、そしてお酒で大人はワイワイと楽しみました。
ケーキは家族が用意してくれましたよ。

不思議そうにろうそくの火を眺める息子です。

 

実家近くにあるケーキ屋さんのものですが、生クリームがしつこくないし、スポンジもしっとりしつつ軽い口当たりなのでお腹が一杯でもおいしくいただける、大好きなケーキです!!

 

息子にはまだ早いので食べさせませんが、

ケーキよりも、アンパンマンのスティックパンよりも、せんべいよりも大好きなバナナをタワーにして出してあげました。

もちろん、大喜びです(^^)/

 

この日はせっかく私の両親や姉もいるので、毎年よっこいさんがお手伝いしている「ふるさと納税」の検討会も併せて行いました。

父はPCのインターネットを見ることができますが、例えば細かい申し込みなどになると途端にそっぽを向き他人任せになります(笑)

よく仕事できるね(周りの方がかわいそうだね、という意味を含む)、と父には言っています(父は現役です)。

 

息子はPCを見るとどうしても触りたくて泣き叫ぶのですが、ちょうどタイミングよくお昼寝をしてくれたのでゆっくり作業。

しかし、後半に差し掛かったところで起きてきて騒ぎ出したので、姉が絵描きボードにPCの絵を書き「ほら、〇〇のPCはここにあるよ~」と見せ、大人は大爆笑、息子はキョトンでした。

 

息子はひじきの煮物(の大豆)が好物ですが、なかでも私の母が作るひじきの煮物が好きでよく食べます。

母はお誕生日会に合わせてひじきの煮物を作ってきてくれたのですが、この日のお夕飯はそのひじきの煮物をたっぷり上げました。おいしそうに食べていました(大豆だけ)。

 

相変らず主食は残すので、あの手この手で行いますが惨敗。

でも、ちょっと食べてくれるかな~というのが、パプリカの甘辛炒めを混ぜたご飯です。

息子は少しでも歯ごたえがあると食べようとしないので、パプリカの皮を剥く必要があるのですが、パプリカを半分に割って種とわたを取りそれぞれラップでくるみ、ひとつあたり500Wで2分30秒ほど温めると、火も通るし皮も剥きやすくなります。

それを細かく短い縦長に切りまして、ゴマ油でいため、醤油と砂糖(それぞれ小さじ1)で味付けすると出来上がり。

これをご飯に混ぜておにぎりにしてやると、甘辛い味が良いようでよく食べます。

 

主食を食べないと、ご飯前にお腹が空いたと泣きはじめるのでちゃんと食べてほしいです。。。