1月

こんにちは。
 
 
このところは何となく世話しなく暮らしていました。
息子のお友だちと遊ぶ予定でしたが、お友だちの通っている保育園で多くのインフルエンザ罹患が出て、気を遣ってくれて延期に。
 
ノロウイルスやインフルエンザを警戒して、子育て支援拠点にも行っていないこの冬…。
 
私は私で、
毎年この時期は息子を連れて一週間ほど実家へ帰りますが、帰省初日に母が倒れてバタバタ…
 
寄る年波には勝てず、元気に見える母も年相応に身体の不調を訴え始め、病院のお世話になることが増えました。
 
 
好きなお酒を息子と酌み交わす事が出来るまで、元気でいてもらわねば。と思うこの頃です。
 
ばあばとおやつをたべる息子

 
 
実家では主となり家事を行わないことを良いことに、普段は行かない大きな公園へ午前の早い時間から出掛けました。じいじも一緒に。

 
 
じいじが大好きな息子は、じいじに叱られる場面があると分かりやすくシュンとします。
でも、じいじは好きなおもちゃをすぐ買ってしまう、孫に甘い人です。

 
『お友だちが持っていた新幹線を欲しがって泣いちゃって』というエピソードを話したら、10%OFFだったんだよ、と言い訳をしながらプラレールを買ってくれました。
 
 
帰省をすると必ず何かひとつ成長して帰る息子ですが、今回は『3語文』です。
いままでは生活の中でやっと当たり前のように2語文が出ていました。
『ママ、トイレ』(笑)、『パパ、おしごと』『◯◯(自分の名前)、する』『こうえん、いく』など。

それが、帰る日の最終日によっこいさんも合流してみんなでランチを食べに行ったのですが、その道すがら『みどり(の)くるま、のりたいねぇ~!』と言いました。
母さんは小躍。嬉しくてしかたがありません。
先輩ママさんや同い年のお子さんを持つ方が見たら遅く感じるかもしれませんが、ゆっくりでも頑張って成長している息子を持つ私には大変嬉しく感じたのでした。
 
息子を通して日本語って難しいなーと思うのですが、たとえば『あお、くるま』だったのが、最近は『あおいくるま』と言えるようになって、数の『4』も『よん』と教えていたのが『し』とも言えるようになったり。
 
 
心の部分でも成長を感じるのは、これは割りと早い段階からの話ですが、

私は息子の前では、体調を崩したときのみソファへ横になります。
 
私がソファへ横になっていると、息子は静かにじゃれてきたり甘えに来たり、時には頭を撫でてくれました。
小さなこどもの心にもいろんな感情を持っていて、大人をよく見ているんだと思います。
そして、息子にとって甘えられる人はよっこいさんと私しかいないのだから、たくさんの愛を感じる言葉掛けや行いをしてあげたいと思いました。
それはこれから成長していくにあたり、思いやりの心をもつということの礎となればという思いもあります。
 
 
とはいえ、
息子はお友だちのおもちゃを取ってジャイアンのように振る舞ったり、私の髪の毛を引っ張ってうれしそうにしたりと、そううまい具合に育ちはしませんが。
 
昨年はまだ、胸のなかに収まることができた息子は

とっくに抱っこひもを卒業し、走ることが得意な子どもになりました。
最近は『際』を攻めて歩きたがります。

 
子どもの成長は早い。
よっこいさんのお仕事が今以上に忙しくなりそうないま、かわいい盛りの息子を悔いのないように愛し育てたい私たちです。
 
さぁ、今年こそスノーシューを履きに行くぞー!(よっこいさんには断られているので私だけ。基本はキッズパークでそり、その間によっこいさんと交代でスキーです)
待っていて、スキー場と温泉と日本酒!

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ
息子
夏休みの過ごし方

こんにちは。   コロナウィルスの感染拡大で周りの幼稚園の新学期開始時期がずれ込んでいると …

息子
横浜市公園プール

こんにちは。   去年は閉まっていた横浜市の公園プールが今年は制限化のもとに再開しまして、 …

息子
夏休みの過ごし方

こんにちは。   息子は幼稚園年中さん。5歳になる歳です。7月下旬から8月いっぱいは夏休み …