授乳クッション活躍中

こんにちは。

 

親の似てほしくない部分を子は引き継いだりしますね。

身体的にも思考的にも。

 

息子は昨年12月からずっと風邪を引いております。

良くなったと思えば悪くなり。

 

息子は気管支が弱く喘息気味。

鼻の通りも悪く中耳炎が慢性化しそう。そして蚊に刺されるとアレルギー反応で膿む。

 

よっこいさんは喘息持ちで、

私はアトピー性皮膚炎とアレルギー性鼻炎持ち。

 

ごめんねぇ、と

寝顔を見ながら思う日々であります。

 

 

さて、授乳期に大活躍した授乳クッション。

私はコチラを使用していました。クリックで詳細見れます。

 

私が購入した時より幅がワイドになり、さらには輪っかにできるベルトも付いています☆

あと3カ月ほどで購入から3年経ちますが、もちろん今も現役バリバリです。

とっても品質がよく、問題なく使えています(^-^)

↑こんな使い方もしてました。

 

現在はこのような使い方(笑)

先々週、息子は風邪から熱を出しましてぐったりしている時の様子ですが、こうやって授乳クッションを頭に当ててやり横にさせていました。

前述の通り、息子は喘息気味で鼻も弱いのです。

咳が出るときは少し上体を持ち上げてやると肺や気管支が圧迫されず楽になります。
そして、鼻も少し楽になります。

私も具合が悪い時に枕替わりでお世話になっています。

授乳クッション、最高。

 

これは私見で、好みは人それぞれであるということをお断りして記載しますが、私の場合はマイクロビーズでロングタイプの授乳クッションよりも、購入したタイプの方が使い勝手が良かったです。

 

ロングタイプの授乳クッション例
(この商品はマイクロビーズではなく綿です)

 

実家で姉が購入してくれたタイプがマイクロビーズのロングタイプでしたが、ビーズがどんどん片方に寄っていってしまって慣れるまでは難しかったです。

また、こどもを乗せると沈みこんでしまってお乳まで遠くなってしまいます。。。

あとロングタイプで重く、持ち運びというか、子どもを抱っこした状態でクッションもって家の中を移動、とかもちょっと億劫になるような・・・

 

ただ、写真で紹介しているナオミイトウさんのロングタイプは綿でして、これだと軽いし使い勝手が違ってきてよいかもしれません。あくまで私はマイクロビーズのものは苦手だった、というこであります。

私見ですので、産院で使ってよかった!!という方もいらっしゃるだろうから、専門店で見て・触って、納得の品を購入してくださいね。

私はネットでポチッとしちゃいましたが(^^;)

 

ちなみに、過去の記事で授乳クッションについて記載した内容が次の通りです。
クリックでその時の記事に飛びます。

授乳クッション・ツレるおなか・・・(クッション選びで迷っている時です)
授乳クッション(購入するものを決定)
授乳クッションのその後(しばらく使った後の感想)

 

子どもがぐったりしていると代わってやりたいと思う気持ち、親になって大変理解することができました。

よっこいさんが床に座っていたら、息子は太もものところまで頑張って歩いていき、そこに頭を置いて目をつぶりました。

 

良くなってくると、息子はすぐにお出かけをしたがります。

お家のなかだと飽きてしまい、物を投げたりもします。

ドクターが「ゴロゴロとしているもの身体を休めるのに大切だから」とちょっとがまんの日々を過ごしてもらいましたが、付き合う親は大変でした(苦笑)


人気ブログランキング

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ
にほんブログ村