5月の治療

こんにちは。

最近、50枚入りのマスクを店頭で見かけるようになってきました。

とは言え、値段は高く買うに至らないのですが(^^;)
みなさん同じようでして、一度は手に取って見ますけれども棚に戻されて去る方も多いです。

私は、手作りマスクがあるから高額なマスクはいいや・・・という気持ちです。

 

コロナの影響でいろいろとバタバタしていたら、気が付けば街には色とりどりの花が咲いていました。
私は5月の生まれなので好きな花はすずらんとつつじなのですが、どちらも真っ盛りで立派に咲いています。

そしてお散歩に訪れた先でもバラが見事に咲いていました。

息子は「甘いにおいがする」と、どこでその表現を覚えたのか素敵な言葉。子供の感性はすばらしいと思わされました。

ドラッグストア目指して一目散、ではなく、今後は周りの花々にも目を向けて、心穏やかに過ごしていきたいです。

GWはのんびりとお散歩する機会も多かったので、改めてそう思いました。

 

私、連休明けに産婦人科へ行ってきました。

よっこいさんがちょうどお休みだったので息子を預けてひとり通院。

前回までのことを少し書かせていただくと、緊急事態宣言を受けまして不妊治療を一旦ストップ。
市販の排卵検査薬を用いて自らの判断でタイミングを持つという方法に変えました。

検査薬を試したのですが全く反応せず。D33で生理が来ないし、わずかな出血があったりなかったり。

 

受診した結果、無排卵月経が起きていました。

「卵巣を刺激してあげないとまた同じような結果になりそうだ」とドクターから言われ中用量ピルを処方されました。
緊急事態宣言が延長され息子を連れての通院はできないので、基本的に今周期も自力でがんばります。

 

今回の治療は中用量ピルを10日間飲み続け卵巣を刺激してあげて数日後に生理が来るというものです。

なかなか副作用が強くて驚きました。吐気、頭痛、胃部膨満感、胃痛、腹痛に眠気とオンパレード(苦笑)
ブログ、更新もできないぐらいぐったりでした(^^;)

前回は二日目で身体が慣れたのですが、今回は四日間ほどかかりました。今日は五日目ですが症状は軽いです!

 

ドクターがぽろっとおっしゃっていました。
「こういう世の中の状況だからね・・・(無排卵月経が)起きたのだろうと思います」

ストレスとか環境の変化が身体にも異変をもたらしたということだと思うのですが、それは私だけでなく世の中の方みなさんがそうですね。
イライラ、もどかしさ、外出できない、身体のどこかがその思いを受け止めているのだと思います。

コロナ、乗り越えたいですね。

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村へ